Skip to content

ジャッキー映画製作年の謎【前編-3章】初の大役『頂天立地』


『ジャッキー映画製作年の謎【前編-3章】初の大役『頂天立地』』の画像

1970年代のジャッキーチェン出演作の製作年を探る連載シリーズ第3回は、1972年夏、ジャッキー18歳のころに初めての準主演級の作品『ファイティング・マスター(頂天立地)』に出演してから、その年の末に『ドラゴン・ファイター(女警察)』に出演するまでの約半年間のジャッキーの動きを探っています。

自伝の記述を確認

自伝「I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン」でのこの頃の記述をまとめると、

ある日、スタント分野ではトップクラスになっていたジャッキーのもとに学院のビゲスト・シスター(名前の記述は無いがおそらく林秀)から1本の電話が入り『タイガープロジェクト(廣東小老虎)』で初主演。

しかし、監督とプロデューサーが夜逃げし映画はお蔵入りとなり、ギャラも貰えなかった。

その後、ブルース・リーの映画などにもスタントマンとして参加していたジャッキーのもとに、ある日鮑學禮(パオ・ホッライ)という大地影業(ダ・ディ)という小さなプロダクションの監督が訪れスタントコーディネーターの仕事を依頼。

そして元奎や元彪らとともに『ヒロイン(頂天立地)』を撮影するが興行的には大失敗(1973年1月公開)、次の映画『ドラゴンファイター(女警察)』も失敗に終わり大地影業は閉鎖、ギャラも支払われなかった。(1973年4月公開)

作品の失敗、そして一文無しになってしまったジャッキーは両親のいるオーストラリアへ行くことを決意するのだった。

また、そのころブルース・リーが死去(1973年7月)し香港映画界に激震が走っていた。

実際は、『廣東小老虎』と『頂天立地』『女警察』が逆になっていると思われます。

また、自伝「愛してポーポー」では、

仕事に明け暮れるジャッキーの収入はグングン増えたため、酒を浴びるように飲み、無免許運転、スピード違反なども平気でするようになり、普通の遊びでは飽き足らずバクチにも手を出すようになっていった。

バクチで全財産をなくしたジャッキーのもとに、父親からオーストラリア行きの航空券が入った手紙が届く。

失意のジャッキーはオーストラリアで一生懸命、一から出直すことを誓い香港をあとにする。

9か月ほどオーストラリアで左官の仕事をしていたジャッキーだったが、香港が恋しくなったジャッキーは父親にまだ映画の契約が残っているとウソをつき、香港へと戻ることに。

結局、また前とおなじような生活になり、バクチにも再び手をだしてしまうジャッキーだったが、仕事には少し張りも出てきてスタント以外にも武術指導の仕事もするようになっていた。

『香港過客』(1972・ショウブラザーズ)の撮影時に監督から「武術指導をやってみないか」誘われ引き受けるがその映画はヒットはしなかった。

そのあと、『四王一后』に出演。その後、『碼頭龍虎闘(碼頭大決鬥の間違いと思われる)』の時、ある俳優に演技指導しているところをプロデューサーが見かけ、次回作で主演をやらないかと誘われる。そうして初主演した『廣東小老虎』だったが、香港では公開されなかった。

と書かれています。

両著とも、この時期の記述はかなりあいまいです。以前書いた記事 『頂天立地』『女警察』『廣東小老虎』製作年の謎 でも触れたように、他の出版物においても『頂天立地』や『女警察』周辺は混乱しまくっているようですね。

各作品を調査

ファイティング・マスター/頂天立地

『ファイティング・マスター/頂天立地』の画像

実は、以前の記事で『頂天立地』は1971年製作と強引ながらも自分なりに結論を出したものの、確信を持てずに当時の新聞記事を調べたところ、どうやら1972年が正解のようです。

下の新聞記事にあるように、1972年7月10日頃撮影が開始され、8月末ごろに終了しているようです。
それにしても、1971年とか1970年という製作年はどこから来たんでしょうねぇ。

『1972年07月27日、華僑日報』の画像
新聞記事:1972年07月27日『華僑日報』
|10日に撮影開始、来月末には完成予定 [クリックで拡大]

『1972年08月26日、華僑日報』の画像
新聞記事:1972年08月26日『華僑日報』
|撮影中 [クリックで拡大]

8月26日の記事では、現在撮影中の『頂天立地』はキャストの3分の2が新人を起用。ジャッキーの先輩である林秀(元秋)が大地と3年契約、毎年4本の映画を製作予定。

また、当初から資金的には厳しかったみたいで、それでどうみても主役顔ではない王青(下画像)が抜擢され、他の出演陣も新人で固められたみたいです。

『頂天立地』の主演、王青

『頂天立地』と『女警察』の製作会社「大地影業公司」(または「ダ・ディ」)ですが、実はこの会社、次の9月13日の記事にあるように、以前の記事でも少し触れた「陸正行」という人物と、2作品の監督でもある「朱牧」が共同で出資した会社で、その第1弾にあたる作品が『頂天立地』だったようです。

そして、この『頂天立地』は1ヶ月以上の製作期間で、低コストで製作されたがまだ香港では未公開というような内容だと思います。

『1972年09月13日、工商日報』の画像
新聞記事:1972年09月13日『工商日報』
|すでに完成 [クリックで拡大]

しかし、結局「大地公司」は年4本の製作予定が2本となり、閉鎖されることに。
たしか、この前年に朱牧が監督した『無敵鐵沙掌』は三羊公司というこれまた朱牧が設立した会社だったはず。これはそこそこ当たったようですが、他の記事で朱牧はそんなにお金持ってないみたいなことが書かれていました。

のちほど出てきますが、『女警察』はこの年の11月製作なのでわずか3カ月ほど後ということになります。

どうしても、この『頂天立地』のジャッキーが幼く見えてしまうので、これらの新聞記事を見てもまだ本心から納得は出来ないのですが、これ以上の事実が見当たらないため、本サイトでも『頂天立地』は1972年製作と変更させていただきます。

さて、本作品の出演経緯ですが、朱牧や陸正行はこのあと深く関わり合いになるものの、これ以前には接点がみつからず、武術指導の袁祥仁のラインもあるかもしれませんが、一応、学院のビゲスト・シスターから誘われた(作品の記述は違うが)というエピソードが存在するので、やはり学院の先輩である林秀(元秋)の口添えで出演したのだと私は思っています。後述しますが、思っていたよりも中国戯劇学院(于占元やその娘の于素秋がらみ)で注目されていたようです。

ちなみに、本作品の撮影監督である魏海峰とも本作品が初顔合わせのようです。

そして、本作品は翌年1973年1月12日に公開されるわけですが、69,336HK$しか稼げず、年間ランキングは372作品中323位と散々たる結果に終わっています。

麒麟掌

『麒麟掌』の画像

さて、次はブルース・リーの武術指導隠し撮り映像で有名な、小麒麟(ユニコーン・チャン)主演作品『麒麟掌』です。

香港公開は1973年3月で、撮影開始は1972年の8月頃のようです。

ジャッキーとのつながりはさきほどの『頂天立地』の撮影監督である魏海峰が本作でも撮影監督をつとめているようです。
ただ、時期が丸かぶりなんですよね~。ジャッキーのように端役やスタント出演なら全然ありえると思うんですが、撮影スタッフでそれってありえるんでしょうかね?

もしかしたら実際は、もうちょっとあとに撮影されたのかもしれませんね。

忠烈圖

『忠烈圖』の画像

続いては、巨匠キン・フー監督の『忠烈圖』。サモハン・キンポーが武術指導兼出演をしています。

香港公開は1975年2月ですが、製作はかなり前にさかのぼり、1972年07月~10月に撮影の記事がありました。

同じくキン・フー監督の『迎春閣之風波』とほぼ同時期の72年7月頃に製作がスタートしたようで、アンジェラ・マオが『合氣道』の撮影後に『迎春閣之風波』に参加したようです。

当初、撮影は順調に進み8月にはすでに3分の2ほど終了しており10月ぐらいまで撮影が続いたようです。しかし、キン・フー作品らしくすぐ完成にはいたらず、1973年11月の記事で編集作業中、雑誌「嘉禾電影」1974年4月号に快將完成の記事、1974年8月に配音中というような新聞記事もあったので、一時撮影中断後また再開したかもしれませんし、『侠女』のように(3年)長い時間かけて製作されたのかもしれません。

石破天驚

『石破天驚』の画像

袁和平、袁祥仁が武術指導をつとめる富國影業の作品で、香港公開は1973年5月。撮影は1972年9月からはじまったみたいですね。

ジャッキーは『蕩寇灘』に続き富國影業作品に出演ですが、次の『除霸』も含め袁兄弟との関係なのか、製作者の朱煥然に気に入られていたのかもしれません。

除霸

『除霸』の画像

続く作品も、袁和平、袁祥仁が武術指導をつとめており、朱煥然が監督をしています。香港で公開されたかどうかは不明です。
製作は『石破天驚』と同じ1972年9月頃に始まったようです。

この作品の製作会社である帝國影業は、さきほどの『石破天驚』の富國影業の関連会社のようです。(どちらも朱煥然の会社?)
そして、この作品の副監督があの吳宇森(ジョン・ウー)で、おそらくジャッキーとの初仕事は自伝にかかれている『少林門』ではなくこの作品だったようです。
そしてこの後も度々ジャッキーとは一緒に仕事をすることになります。

今回の対象作品まとめ

次回は、『女警察(ドラゴン・ファイター)』からとなります。今回の5作品をまとめると、

『頂天立地』に出演後のジャッキー作品
製作時期公開タイトル製作会社監督武術指導キーマン
(推定)
1972年7月
~8月
1973-01-12ファイティング・マスター/頂天立地大地影業朱牧袁祥仁元秋、朱牧、陸正行(監製)、魏海峰(撮影)、袁祥仁
1972年8月~1973-03-01麒麟掌星海影業唐迪李小龍魏海峰(撮影)
1972年7月
~1972年10月
1975-02-19忠烈圖金銓電影胡金銓洪金寶洪金寶
1972年9月~1973-05-23石破天驚富國影業方龍驤袁和平、袁祥仁朱煥然、袁和平、袁祥仁
1972年9月~不明除霸帝國影業
(富國関連会社)
朱煥然
(副)吳宇森
袁和平、袁祥仁朱煥然、吳宇森、袁和平、袁祥仁

商品情報

カテゴリ: ジャッキーチェン研究室.

タグ:.


6 件のコメント

(この記事のコメントの RSS を購読する

  1. やまやま says

    ありがとうございます♪
    タイガープロジェクトの出演部分かわらないのですねー…ほっとしました
    では、諦めがつきます。見れる機会があるまで我慢します。ドラゴン特攻隊…そうなんですかー特典あるんですかー内容的に手に入れるのは嫌ですが、見たら思ったより出てるし、かわいいですもんね。
    これも、安くで見付けたら買います!!
    メイキングのコーナー。とてもありがたいです。いつも拝見してます。
    DVDにも入ってないような場面も多いし、どうやってあんなに手に入れれるんだろう!!と羨ましく思いつつ、海外TVやCM片っ端から見ております!!新情報も期待しながら、頑張って下さい~ーーありがとうございました
    早く次の映画見たいオバハンより

    • kungfufan says

      こんばんは。
      今ならyoutubeで全編観れますよ~♪

      http://youtu.be/jcwKahFpYKQ

      この作品は日本でしかソフト化されていないので、
      元は日本盤ですが、日本語吹替えは無くなってますけどね。

      メイキング良いですよね~。
      最近香港で発売された『プロテクター』BDにもメイキングが収録されているようで、
      今どうしようか検討中です。
      時間に余裕が出来たらその辺の特集記事なんかも書いてみたいです☆

  2. やまやま says

    お久しぶりです。この四ヶ月ジャッキーを見ないと気がすまない病は、どんどんと加速しはじめて、DVDも全部といってもいいくらい集めてしまいました。
    特典映像情報を調べながらですが、それでも失敗しながら同じのを買ってしまう。
    レンタルではちょい役や、古いものをみて。
    でも、タイガープロジェクトは手に入らない、見れそうにないですね。
    ヤフオクで見つけてもめちゃたかかったり。鉄指拳や醒拳は気持ち悪いですね。
    タイガープロジェクトが見たいですが鉄指拳よりましなんでしょうか。
    ドラゴン特攻隊もレンタルにはなく、ようやくニコニコ動画みたいのでみれまして、ほっとしたところです。でも、今、ジャッキーの歴史をずーーーっと勉強中
    二重の顔になったことの成功もすごいことだなーと改めて思います。
    一重の頃も可愛いですが、こんなにかっこよくなるんだなーと今になって
    老けたまでをみていなかったから、いつからおじさんになったんだーとか
    でも、渋いよなーとか
    すみません!!では又、ジャッキー中毒のオバハンより

    • kungfufan says

      やまやまさん、お久しぶりです。
      おぉー集めましたかー☆
      タイガープロジェクトは厳しいですね~。
      私も鉄指拳しか持ってません。
      日本語版も発売されたので、まぁそれでも良いかな~と。
      基本、ジャッキー出演場面は変わらないので、
      付け足し部分に目を瞑れば・・・。
      ただ醒拳はさすがにすべてが寄せ集め&バッタもんなので辛いですが。。。
      ドラゴン特攻隊は日本語吹替版DVDが画質も意外に良いですし、特典映像もあるので
      おすすめですよ~。作品的にはかなり辛いですけどね(汗)
      私が老けたな~と感じたのは結構つい数年前ぐらいからですね~。
      作品中ではそうでもないのですが、忙しいときのインタビューとか見ると、
      あぁ…と。あんまり無理しないで欲しいですね☆

  3. 醒龍 says

    kungfufanさん、こんにちは。
    いや~すごい内容ですね。
    もしかしてまとめに書かれている順序が製作順ということになるのでしょうか?
    あと、『頂天立地』の71年説が多いのはジャッキーが17歳。つまり71年の4月には17歳になったのでというのがあったりした可能性があるかもですね。
    (こちらのフォームでメールをお送りしました。届いていますでしょうか?)

    • kungfufan says

      醒龍さんこんにちわ、返信遅れてすみません。
      一応まとめの順序かな~と思っています。
      あと、メールですが届いていないようです。
      もし良ければ再度送っていただけないでしょうか。



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

PICKUPアイテム

☆サモ・ハン作品初DVD化☆まさかの日本語吹替え収録!

燃えよデブゴン 豚だカップル拳 HDマスター版 [DVD]

『燃えよデブゴン 豚だカップル拳』

痩せ虎とデブゴン HDマスター版 [DVD]

『痩せ虎とデブゴン』

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス