Skip to content

ジャッキー映画製作年の謎【前編-2章】卒院後の下積み


『ジャッキー映画製作年の謎【前編-2章】卒院後の下積み』の画像

1970年代のジャッキーチェン出演作の製作年を探る連載シリーズ第2回は、ジャッキーが中国戯劇学院を去ってから、初の大役『ファイティング・マスター(頂天立地)』に出演する直前まで、1971年から1972年半ばまでの動きを探ってみようと思います。

自伝の記述を確認

ジャッキーチェンが中国戯劇学院を去ってから、初の大役『ファイティング・マスター(頂天立地)』までの動きを、自伝「I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン」からまとめました。

父親から卒院後はオーストラリアで一緒に暮らそうと言われたジャッキーだったが、映画スタジオと2年の契約を結んだと嘘を言い、香港に残ることを選択した。その結果、父親からアパートを買ってもらう。

その後、ショウブラザーズなどの映画スタジオで死体の役や群衆シーンのエキストラなどジュニアスタントマンとして下積みを重ねる。

しだいに一人前のスタントマンとして認められつつ、酒、タバコ、喧嘩、ギャンブルに明け暮れる日々を送っていたが、好景気は終わりを告げ、最もベテランのシニア・スタントマンでさえ仕事が無くなってきていた。

途方に暮れていたジャッキーは学院の先輩サモハン・キンポーと再会。1か月後には海外で挫折を経験し香港に戻ってきたユンピョウとも再会する。

そういった仲間たちと映画について熱く語り合い、共に数ヶ月を過ごす日々の中で、ユンピョウはジュニアスタントマンとして仕事をはじめ良い評判を取り始めていた。
サモハン自身もシニア・スタントマンからスタント・コーディネーターに出世し、ゴールデンハーベストと契約。そのサモハンの紹介でジャッキーはブルース・リーの『ドラゴン怒りの鉄拳』でスタントをやることに。
ジャッキーはスタント分野ではトップとなり、ハイクラスのスタントマンの中でもベストに数えられた。

また、自伝「愛してポーポー」では、

映画スターなんかになるつもりはなかったジャッキーは、学院で習ったことを生かして映画の武術指導者の仕事につくことが理想だった。

学校を出ると、当時有名な武術指導だった「徐二牛」のグループに入れてもらい、しだいに認められるようになっていった。

そのころ、ブルース・リーの『ドラゴン怒りの鉄拳(精武門)』にもスタントで参加し、ブルース・リーに褒めてもらったこともあった。

と書かれています。

各作品を調査

金毛獅王

『金毛獅王』の画像

何夢華(ホー・メンホア)監督によるショウブラザーズ作品で、香港公開が1975年。ジャッキーがこの頃のショウブラザーズ作品に出るのは不自然だと思っていたのですが、調べてみると1971年1月頃に撮影が開始され、その後一時中断(出演者の都合?)し、1972年2月頃に撮影終了していたみたいなんです。
そして、この作品の武術指導が「徐二牛」だったんです。納得。

惡虎村

『惡虎村』の画像

岳楓(ユエ・フォン)監督のショウブラザーズ作品で、こちらの作品は1974年01月の香港公開なんですが、製作が開始されたのは1971年3月頃のようです。

そして、この作品も武術指導は「徐二牛」が担当しています。サモハン・キンポーも端役で出演しているようです。

新聞記事を調べ出して初めて知ったのですが、製作から公開まで1年以上の期間がある作品って随分と多いんですね~。

埋伏

『埋伏 』の画像

続いて、何夢華(ホー・メンホワ)監督のショウブラザーズ作品で、これも武術指導が「徐二牛」。サモハン・キンポーも端役で出演しているようです。

こちらは香港公開が1972年03月ですが、製作は1971年08月頃のようです。当初は『十面埋伏』のタイトルで進められていたようですね。

1971年以前もサモハンは徐二牛の武術指導作品にかなり出演しているみたいですが、ジャッキーチェンが出演している作品もまだあるかもしれませんね。

精武門(ドラゴン怒りの鉄拳)

『精武門(ドラゴン怒りの鉄拳)』の画像

言わずと知れたブルース・リー主演、羅維(ロー・ウェイ)監督によるゴールデンハーベスト作品。

1972年03月香港公開の本作品は、1971年10月から12月にかけて製作されたようです。

自伝によると、本作品は既にゴールデンハーベストと契約していたサモハンの紹介でジャッキーがスタント参加したようです。

蕩寇灘

『蕩寇灘』の画像

次の作品は、富國影業公司の創業作品で吳思遠(ウー・シーユェン)監督、袁和平と袁祥仁が武術指導の『蕩寇灘』です。

1972年05月に香港公開ですが、2月頃には完成していたみたいです。いつごろから製作されたかは定かではありませんが、1971年05月の時点で製作は計画されていて何らかの理由で延期されたみたいです。時期的には1971年後半ということですね。

ジャッキーはこの後も富國影業の『石破天驚』や関連会社である帝國影業の『除霸』などに出演していますが、袁和平(もしくは袁祥仁)つながりなんでしょうか、それとも吳思遠がらみか、出演経緯は謎です。

唐人客

『唐人客』の画像

独立プロの遠東影業作品で、1972年10月に香港公開。製作時期はハッキリとはわかりませんが、1972年01月と07月に撮影に関する記事がありました。

私の語学力では解読不能ですが、なにやら撮影が難航しているような記述かもしれません。

この作品へは、武術指導を担当している徐松鶴がらみでジャッキーは出演したのかもしれませんね。
この徐松鶴という人にはジャッキーがお世話になったらしいのですが、徐松鶴が武術指導している作品でジャッキーの出演が確認できているのはこの作品のみ。
そもそも、この徐松鶴と言う人物は徐二牛の家族なんでしょうか。

合氣道

『合氣道』の画像

アンジェラ・マオ主演のゴールデンハーベスト作品で、サモハン・キンポーが武術指導兼準主演をつとめるこの作品は、1972年10月に香港公開されていて、1972年の4月から7月にかけて撮影されたようです。

出演経緯はサモハン・キンポー関係でしょうかね。

以上が、おそらくジャッキーが卒院後、『頂天立地』に出演する前までに出演した作品だと思われます。

今回の対象作品まとめ

今回の7作品をまとめると次のようになります。

ジャッキーの卒院後の出演作品
製作時期公開タイトル製作会社監督武術指導キーマン
(推定)
1971年1月~(中断)
~1972年2月
1975-12-21金毛獅王ショウブラザーズ何夢華徐二牛徐二牛
1971年3月~1974-01-12惡虎村ショウブラザーズ岳楓、汪平徐二牛徐二牛
~1971年8月
1973-01-05埋伏 ショウブラザーズ何夢華徐二牛徐二牛
1971年10月
~12月
1972-03-22精武門(ドラゴン怒りの鉄拳)ゴールデンハーベスト/四維羅維韓英傑 洪金寶
~1972年2月1972-05-17蕩寇灘富國影業吳思遠袁和平、袁祥仁袁和平?
袁祥仁?
1972年1月~
7月~
1972-10-04唐人客遠東影業關山徐松鶴、陳星徐松鶴
1972年4月~
7月
1972-10-12合氣道ゴールデンハーベスト/嘉聯黃楓洪金寶洪金寶

商品情報

カテゴリ: ジャッキーチェン研究室.

タグ:.


0 件のコメント

(この記事のコメントの RSS を購読する



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス