Skip to content

【ジェット・リー 幻の作品集】NO.18『グリーン・ホーネット』


【ジェット・リー 幻の作品集】NO.18『グリーン・ホーネット』

  • 【タイトル】グリーン・ホーネット
  • 【製作会社】ユニバーサル
  • 【監督】ケヴィン・スミス
  • 【主演】ジョージ・クルーニー、ジェット・リー、チャン・ツィイー

かなり長い間に渡って製作が噂されつつも、キャストや製作会社が二転三転し、2011年にようやく公開に至った作品。

ジェットは2000年~2004年頃に出演が噂されていました。

大元は1936年から1952年にかけて放送されたラジオ番組で、その後1966年から1967年にかけて放映されたテレビドラマ版が、李小龍(ブルース・リー)が出演していることで有名ですね。90年代にはコミック化もされているとか。

おおまかなストーリーは、デイリーセンチネル新聞社の若き社長ブリット・リード。彼の隠された姿は犯罪と戦う謎のヒーロー「グリーン・ホーネット」である。彼はコートと帽子に緑のマスク姿で自らの正体を隠し、武道の達人でもあるアジア人の助手カトーと共に愛車ブラックビューティー号を駆って活躍する(wikipediaより)というもので、ジェットはブルース・リーも演じたカトー役での出演が噂されていました。

※右の画像はあくまで管理人の妄想によるイメージ画像です。
ジョージ・クルーニー、ジェット・リー、チャン・ツィイーバージョンです。

この作品の大まかな流れとしては、映画化の計画は90年代から幾度も噂されており、当初ユニバーサルで製作が企画されていた2000年頃、ジェット・リーとジョージ・クルーニーの出演が予定されていたようで、2004年には監督はケヴィン・スミスに決まったと報じられました。

その後2004年に映画化の権利がミラマックスへ移ったため、いったんキャストは白紙に。

ただ、依然としてジェットはカトー役の候補に挙がったままで(ほかにもジェイソン・スコット・リーなど)、ホーネット役がジョージ・クルーニーからジェイク・ギレンホールに。そしてチャン・ツィイーも出演者の候補に挙がっており、2005年公開の予定だと報じられました。

しかし、結局そのキャストでは製作されず、最終的には2008年にはコロンビア映画が映画化に乗り出し、ようやく2009年になって具体的な製作が開始されました。

この時には監督兼任でチャウ・シンチーがカトー役を演じる予定でしたが、出演のみに。しかし、結局は出演辞退をシンチーが降板し、最終的にジェイ・チョウが抜擢されるなど、ギリギリまでキャスト・スタッフが二転三転したことでも話題となったようです。

李小龍フリークとしても有名なチャウ・シンチーが降板したのは意外でしたが、何かと気難しいと噂のシンチー。何か引っかかるところがあったんでしょうかね~(・_・?)

個人的にはジェットやドニーさんは、別の映画でカトーを思わせるような衣装を纏っていたので、想像がつきやすいのですが、シンチーがもし受けていたなら、カトー役をどう演じていたのか見てみたかったんですけどね。

ブルース・リー ジェット・リー ドニー・イェン ジェイ・チョウ

『グリーン・ホーネット』

『グリーン・ホーネット』

  • 【タイトル】 邦題:グリーン・ホーネット、原題:The Green Hornet
  • 【監   督】 ミシェル・ゴンドリー
  • 【出   演】 
    セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス
  • 【公   開】 2010年

本サイト内の関連記事

カテゴリ: 功夫皇帝-ジェット・リー物語, ジェットリー 幻の作品.


0 件のコメント

(この記事のコメントの RSS を購読する



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス