Skip to content

バトルクリーク・ブロー/The Big Brawl(1980)


『バトルクリーク・ブロー』の画像

ジャッキー・チェンのアメリカ進出第1弾作品。監督はブルース・リーのヒット作『燃えよドラゴン』のロバート・クローズ。

自伝でジャッキー本人も語っているように、本作品のアクションは精彩を欠き、香港では80年の興行成績ランキング4位を獲得したものの評価が低い作品。

テレビ出演や雑誌インタビューなどプロモーション活動を精力的に行ったにもかかわらず、アメリカでの興行成績も良い結果を残せなかった。

『バトルクリーク・ブロー』のスクリーンショット

『バトルクリーク・ブロー』の動画集

この作品のサントラ動画は、バトルクリーク・ブロー(1980)サントラ をご覧ください。

おすすめ動画

本編動画(TV日本語吹替)

『バトルクリーク・ブロー』の作品詳細

基本情報/スタッフ&キャストなど

製作年1980年
公開情報香港:1980-10-16/日本:1980-09-06
アメリカ:1980-08-29
時間95分
興行成績香港:HK$ 5,776,530 年間ランキング4位
日本:推定9億4,000万円 年間ランキング位
全米:8,527,743$ 年間ランキング68位(オープニング週は全米第1位)
台湾(台北市)では年間1位を獲得
全世界:推定1,300万$ 年間ランキング位
製作費推定400万$(600万$説や800万$説もあり)
製作会社嘉禾電影有限公司(ゴールデンハーベスト)
製作鄒文懷(レイモンド・チョウ)/佛烈尹就(フレッド・ワイントローブ)
監督高洛斯(ロバート・クローズ)
脚本高洛斯(ロバート・クローズ)
出演者成龍(ジャッキー・チェン)/ 馬高(マコ岩松)/ 姬斯汀狄貝兒(クリスティーヌ・デ・ベル)
荷西花拉(ホセ・フェラー)/ 趙家玲/ 冀朝理
H.B.Haggerty(ハードボイルド・ハガティ)/ 郎麥斯(ロン・マックス)/ 岑潛波
大衛雪納/ LennyMontana/ MaryEllenO’Neill
JoycelyneLew/ SonnyBarnes/ LarryDrake
EarlMaynard/ GeneRader/ RobertShaw
BigJohnHamilton/ CharlesBalcar

PICK UP アーティスト

  • 成龍成龍(ジャッキー・チェン)

  • 馬高馬高(マコ岩松)

  • 姬斯汀狄貝兒姬斯汀狄貝兒(クリスティーヌ・デ・ベル)

  • 荷西花拉荷西花拉(ホセ・フェラー)

  • H.B.HaggertyH.B.Haggerty(ハードボイルド・ハガティ)

  • 郎麥斯郎麥斯(ロン・マックス)

  • LennyMontanaLennyMontana

  • 趙家玲趙家玲

公開時の新聞広告

香港公開時の新聞広告です。(1980年10月)

『バトルクリーク・ブロー』の新聞広告

興行成績ランキング

1980年の香港興行収入ランキングです。(外国語映画を含む総合ランキング)

『バトルクリーク・ブロー』の興行収入ランキング

各国タイトルリスト

漢題殺手壕(繁体字)
杀手壕(簡体字)
邦題バトルクリーク・ブロー
英題The Big Brawl
Battle Creek Brawl
Battle Creek
伊題Chi tocca il giallo muore
仏題Le Chinois
独題Die große Keilerei
西題La furia de Chicago

あらすじ

シカゴの町では、2つのファミリーが対立しており、ことごとく衝突していた。その日も裏町で黒装束の大男が相手を打ちまかしていた。

この大男キッス(H・B・ハガティー)は、二大ファミリーの一つピッツバーグのボス、モーガン(デイヴィッド・シェイナー)に雇われたファイターだ。彼が倒した相手の雇い主は、モーガンと対立するもう一つのファミリーのボス、ドミニチ(ホセ・フェラー)だ。

一方、シカゴでファミリー・レストランを経営する父と、医者をしている兄、それに武術を教えてくれる叔父のハーバート(マコ)らに囲まれてのびのび育ったジェリー(ジャッキー・チェン)は、その日も恋人のナンシー(クリスチーヌ・ド・ベル)とドライブを楽しんでいた。しかし、家に戻ってみると、ドミニチの手下が父親を脅していた。

そんなチンピラたちをあっさり退散させたジェリーだったが、それを見ていたドミニチの甥レジェッティ(ロン・マックス)は、屈辱と怒りに燃えていた。

ナンシーらと組んで町の“ローラー・スケード」レース”に出場したジェリーは、見事優勝し、その賞金を兄の診療所の準備資金にあてた。

一方、ジェリーの強さに目をつけたドミニチにテキサスの小さな町バトルクリークで行なわれる“バトルクリーク格闘技選手権”に彼を出場させ、キッスと闘わせようと考えた。

もともと出場するつもりでいたジェリーは、兄のフィアンセを人質にして出場をせまるドミニチの言うことを聞いた。

ハーバートをコーチに特訓が開始し、いよいよ競技の日がやって来た。世界中のつわ者たちが集まり、人人でふくれ上がったバトルクリーク。

ジェリーもキッスも予想通り次々に強豪たちを倒していった。しかし、やがて意外な事実が判明した。レジェッティがモーガンと通じており、自分がシカゴのボスにおさまるためにキッスの優勝をもくろんでいたのだ。

ハーバートを人質に教会に縛りつけると、彼とひきかえにジェリーに負けることを強要した。し

かしハーバートは脱出に成功した。そのことをジェリーは知り、全力を注いで競技に挑み、見事キッスはもとより、レジェッティをも倒すのだった。

『バトルクリーク・ブロー』のスクリーンショット

小ネタ

  • 本作品の製作費はソースによって記述が異なっており、劇場パンフレットによると製作期間2年6カ月、製作費18億円(820万ドル)とのこと。(ホンマかいな)雑誌「スクリーン」のインタビューでは600万ドル(約13億円)映画と記述。
  • 撮影は毎日3時間ずつ2ヶ月間行われた。
  • 鋼鉄の巨人”キッス”を演じるハードボイルド・ハガティは、かつてプロレスラーとして全米チャンピオンになった実力を持つ。現役時代はアントニオ猪木やジャイアント馬場とも対戦している。
  • 作中のバトルクリークは、アメリカテキサスのサン・アントニオから30マイル離れた町フローレスビルに作られ、スタッフやエキストラなど総勢3000名(エキストラは1200名)が集結した。
  • 日本公開前の1980年7月26日にジャッキーは来日しており(8月2日まで1週間滞日)、一般的にはこれが「ジャッキーチェン初来日」として語られる(実際に当時の新聞にも掲載)ことが多いが、実際には前年の79年11月、『スネーキーモンキー蛇拳』公開前に来日しており、それが初来日である。
  • 『ジャッキー・チェン公式初来日』の画像

  • 前述の80年の来日時にジャッキーは京都で、日本で開発された夢のスーパーカー「童夢号」を1,500万円で購入している。

    ジャッキーが購入したスーパーカー「童夢号」

    これは「DOME P-2」のことだと思われる。(実際にジャッキーが購入したのは何色か不明)

    「DOME P-2」

  • ジャッキーは本作品の撮影終了後にオーストラリアのキャンベルに直行し、両親に家を買ってあげた。
  • 本作品での武術指導をジャッキーとする場合も多いが、自伝「僕はジャッキーチェン」によるとこの映画の最も不満な点について「スタントの振り付けが出来なかったこと」と語っている。また、『ドラゴノロード』撮影中の新聞記事の中で、次回作である『プロテクター』について書かれている記事があり、その撮影の時には『バトルクリークブロー』の教訓を生かして、今度は武師を数名連れて行くというようなことが書かれていたので、この作品ではやはりジャッキーは武術指導はしていないと思われる。
  • 製作当時の新聞記事やロケ地などその他の情報は、ジャッキー映画製作年の謎【後編-11章】アメリカ進出と初プロデュースをご覧ください。

評価一覧・レビュー

大手レビューサイトでどのような評価付けをされているかの一覧です。

サイト名言語評価イメージ評価点数/最大点数
amazon.co.jp日本語評価63.2/5
Yahoo!映画日本語評価52.4/5
みんなのシネマレビュー日本語評価43.71/10
IMDB英語評価55.4/10
allmovie英語評価52.5/5
amazon.com英語評価73.6/5
Filmaffinityスペイン語評価55.2/10
豆瓣电影中国語評価65.8/10

『バトルクリーク・ブロー』の評価グラフ

PICK UP レビュー

良い評価格闘技です。(amazon.co.jp)

この作品は、アメリカ映画で、中国人俳優、日本人俳優(おじさん役のマコ・イワマツ)も含めて、英語を猛特訓したジャッキーを先頭に・・・続きを読む

良い評価評価が低いことに驚いた(Yahoo!映画)

ジャッキーの、記念すべきハリウッド進出第一作目。正直、皆さんのレビューを拝読していたこともあり、期待はしていませんでした。駄作との呼び声も・・・続きを読む

悪い評価駄作(amazon.co.jp)

ジャッキーハリウッド進出第1弾。当時のアメリカでは完全に無名のため、結果は惨敗。内容も確かにつまらん。ジャッキーファンでなければ・・・続きを読む

悪い評価ジャッキーという俳優を活かしきれていない(Yahoo!映画)

なんとなく、作りが燃えドラっぽいなぁ・・・と思ったら、そのスタッフが絡んでいると知り納得。只、制作側はブルース・リーの後継者・・・続きを読む

『バトルクリーク・ブロー』の商品情報

パンフレット

バトルクリーク・ブロー パンフレット表面バトルクリーク・ブロー パンフレット裏面

発行元東宝株式会社事業部
当時の価格300円
ページ数22ページ
おもな内容
解説とジャッキーチェンについて(P3)
物語(P5-6)
あらたなるスーパースター ジャッキーチェン(P9-10)
高千穂 遥
燃えよクローズ(P13-14)
増淵 健
プロダクション・ノート(P16-18)
キャスト、スタッフ紹介(P21)
備考この時期のジャッキーのパンフにしては(たぶん)珍しく、劇中以外のオフショット(来日時のもの等)が掲載されている。

DVDや関連商品

『バトルクリーク・ブロー』のスクリーンショット

カテゴリ: ジャッキー80年代出演作品, ジャッキー ハリウッド系作品, ゴールデン・ハーベスト全集, 1980年.

タグ:, .


0 件のコメント

(この記事のコメントの RSS を購読する



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス