Skip to content

このサイトについて


サイト概要

当サイトは、ジャッキーチェン、ジェットリーなどのカンフースターが好きな管理人が作成しています。
管理人プロフィールはこちら

世代的にはジャッキー世代ど真ん中なので、どうしてもジャッキー中心になりますが、サモハン・キンポー、ユン・ピョウ、ジェット・リー、ドニー・イェン、ミシェル・ヨー、ブルース・リー、この7人がサイトの中心人物になります。

サイトを立ち上げるなら、せっかくだから人を集めたいという想いもあり、素人考えで「youtube動画まとめ」というスタートを切りましたが、動画紹介がサイトの目的ではありません。

目指すところは、功夫スター大全。功夫映画大百科。というように幅広く、たくさんの情報を発信できればと思っています。

製作協力させて頂きました♪

単なる趣味で始めたサイトからジャッキー関連本に携わることができるなんて夢のようです。関係者の皆様ありがとうございました。(詳しくはこちら

ジャッキー・チェン 最強伝説リターンズ 成龍映画大全 語れ!ジャッキー・チェン デアゴスティーニ ジャッキー・チェンDVDコレクション

元のコンテンツに戻る

サイト全般について

  • 当サイトはリンクフリーです。ジャンジャン勝手にリンクして下さって結構です。
  • サイト内のリンクについては赤い文字色で、外部のサイトへのリンクについては青いリンク色で表示しています。
  • 当サイトでは動画閲覧とギャラリー等にjavascriptを利用しています。極力使用は控えているので、もしオフにしている場合でも閲覧は可能かと思いますが、オンにされたほうが快適に利用できると思います。
    スマートフォンでは動画がうまく再生できないかも。自分がスマホを持つようになったら調整するかもしれません(^_^;)
  • 何かお気づきの点やご意見・ご感想などありましたらコンタクトフォームからお願いします。

元のコンテンツに戻る

サイトの歴史

元のコンテンツに戻る

管理人プロフィール

名前 kungfufan
(最初に適当に付けてしまったのでちょっと後悔。あまり思い入れも無いので、別にサイト名と同じ「KUNGFUTUBE」でも全然OKです。というかなんとでもお呼びください♪)
生年 李小龍が亡くなった年。そして成龍が初主演を果たした年。勝手に運命を感じている…
言語 日本語のみ、翻訳サイトが頼みの綱
カンフー映画との出会い 1979年?『ドランクモンキー酔拳』TVにて(たぶん。当時の記憶はかなり曖昧。)
劇場デビュー こちらもかなり記憶が曖昧。小学1、2年の頃なのは確かなので’80~’81年公開のジャッキー作品のどれか。リバイバル上映も多かったのでどの作品かは特定できない。
生まれて初めて買ったレコード
初めて買ったレコード『プロジェクトA』のEP盤
今でも歌えてしまうのがコワイ・・・。
生まれて初めての通販 どちらが先か忘れました。
「秘伝書」? のようなもの
『スネーキーモンキー蛇拳』を見て欲しくなった。拳法の型や足の配置などが書かれているもの・・・当然習得できず。
木製のトンファー
トンファー『拳精』を見て欲しくなった。やたら本格的なやつだったが、子供には大きすぎで、回すと自分の腹に当たるため全く使えなかった。
好きなカンフースター ジャッキー・チェン、ジェット・リーが特に好き。
そしてサモ・ハン、ミシェルヨー、ユン・ピョウ。
世代的にはブルース・リー世代ではなく、ジャッキー世代ど真ん中。でもブルース・リーはもちろん超リスペクト!
『イップマン』以降は、やはりドニー・イェンがかなりイイ感じ♪。
日本人では倉田保昭さん、大島由加里(シンシア・ラスター)さん、谷垣健治さんを心から尊敬してる。
好きな俳優 功夫スターという括りではないけど好きな中華系俳優は多数。居すぎて困る(汗)。
ニコラス・ツェー、アンディ・オン、TWINSあたりは特に好きかも。
女優ではムーン・リー最高☆
好きなカンフー(アクション)映画 『プロジェクトA』/『スパルタンX』/『少林寺2』
『チャンピオン鷹』/『ポリスストーリー』/『ポリスストーリー3』
『D&D 完全黙秘 』/『ロミオ・マスト・ダイ』
『香港国際警察/NEW POLICE STORY』などなど

シリアスなジャッキーが良かったり、ジェットはハリウッドの現代劇の方が好きだったり、ちょっと趣向は一般的ではないかも。

最近の作品では、『イップマン(ドニー版)』、『ベスト・キッド』、『新少林寺』が良かった♪
ワイヤー多用で飛びまくる系は苦手。
(ここからあまりサイトとは関係なくなっていきます)
好きな映画ジャンル
功夫、アクション(中華系)、アメコミ系、SF、とりあえず話題作全般、下の苦手なもの以外いろいろ。
苦手な映画ジャンル ホラー、純愛系、邦画全般(三谷作品は結構好き)、ディズニーとか海外のアニメ系、戦争もの、ファンタジー。
ドラマ 日本のドラマは一応毎シーズン5本程度は見てるけどまず面白くない。
海外ドラマは結構なヘビーユーザーだと思う。DVDの本数にすると年間数百本は必ず見てる。いつか洋ドラのサイトを立ち上げようと思いながら数年が経過中…。
音楽 最近はめっきり聞かなくなった。小学生の頃に洋楽にハマり、中学でギターを始め、高校でバンドを組んだ。当時よく聴いたりコピーしてたのは、BON JOVI、MR.BIGなどいわゆるヘビメタではなくハード・ロック全般。ギタリストではスティーブ・ヴァイやジョー・サトリアーニなどが特に好きだった。
アニメ・漫画 アニメはあんまり見ない。けど漫画は好き。あまりじっくり読まないせいか、かなり読むのは早い。最近、特に好きなのは「キングダム」とか「シンドバットの冒険」とか。色々あるから書ききれない。歴史物が好きかも。「蒼天航路」は最高だった。
「ガンダム」系はアニメ本編にはあまり興味がないがモビルスーツは好き。たぶん車を運転するのは好きじゃないが、デザインを見たり実写を眺めるのは好きなのでそれと同じ感覚かも。おっさんになってからプラモを大人買いしてみたが、途中で飽きてしまい、結局作ってないものが多数積まれている。
ゲーム 一般的な同世代よりはゲーム好きだと思う。でもゲーマーと言えるほどじゃない。RPGとかは途中でレベル上げしてる最中に飽きるので、まずエンディングまで持たない。最近は飽き具合が半端じゃないので、買ったは良いけど一度もプレイせずに数年が経過することも。(これは飽きとは言えないが…)。格闘系下手。エリクサーは使えない。昨今のモバゲー、ソシャゲ全盛には危機感を通り越して怒りすら覚える。シュミレーション系や海外モノのオープンワールド系が近年の大好物。

元のコンテンツに戻る

サントラ・歌について

  • ()表記でその楽曲の発表年と思われるものを明記していますが、管理人が知りうる範囲での最も古い年数を明記していますので、正確ではありません。

元のコンテンツに戻る

興行成績や製作費などについて

海外のサイトや映画関連の書籍、劇場パンフなどを基に作成していますが、どれが正確とも言えないのであくまで参考程度にお願いします。
また、為替の換算は出来るだけ当時のレートを調べて換算しています。
ソースによって全く違う数値が明記されている場合なども多々ありますが、その場合は特別な場合を除き、当時の状況などを考え管理人の独断と偏見で選択していますのでご了承ください。

作品紹介ページの説明

出来るだけ内容は正確なものをと心がけてはいますが、ソースはネット上のものや書籍が中心となるので、あくまで参考程度にお願いします。特に初期のころの作品については、微妙なものも多いです。

動画について

  • javascriptを有効にしてると、各動画サイトに遷移することなく視聴可能です。もしかしたらお使いのブラウザによっては対応していないかもしれません。
  • 今のところ、Youtube動画のみですが、今後は他サイトの動画もまとめるかもしれません。
  • Youtube動画の中で貼り付けが許可されていないものについては、通常と若干異なるレイアウトにて再生されます。

元のコンテンツに戻る

基本情報/スタッフ&キャストなど

製作年 あくまで個人的な見解での分類となります。基本的には初公開年としてるものが多いですが、お蔵入り作品などについては予想される製作年に分類しています。
公開情報 初期の作品についてはソースによって1日違ってたりするので注意が必要です。
時間 基本的に劇場公開時のものを採用していますが、情報がないものについてはビデオやDVDなどの本編時間を採用しているものもあります。
興行成績 特に初期作品については、ソースによって全く違う場合が多々あります。管理人的により正確だと思われるものを掲載していますが、あくまで参考程度に留めて下さい。
製作会社 製作と配給を混同している場合があるかもしれません。
製作 こちらも厳密に言うといろいろあると思いますが、広く解釈しています。
監督 お気に入りのスターが関与している場合、ノンクレジットでも掲載しています。
脚本
武術指導
出演者 順不同です。順番が必ずしも作品中の重要度とあっていない可能性があります。
お気に入りのスターが関与している場合、ノンクレジットでも掲載しています。
20人を最大の目安としているため、個人的趣味で選抜している場合もあります。
名前の表記についてはより一般的と思われるものを採用しています。

元のコンテンツに戻る

各国タイトルリストについて

  • 劇場公開題だけではなく、DVDやビデオタイトル、TV放映時のタイトルなども含まれます。
  • 国による分類ではなく、言語による分類となっています。
    例えば「葡題」となっているものはポルトガル語を表していますが、ブラジルなどもこちらに含まれます。また、フランスやドイツなどでのタイトルが英語の場合、「英題」に含めています。
    ただ、韓国・台湾については漢字であってもわかる範囲でそれぞれ「韓題」「台題」に分類しています。
  • 中国語については繁体字・簡体字ともに変換してのせてあります。単に「漢題」となっているものは同じ表記になります。漢題で「日本漢字」となっているものは、ネット上で検索する上で、日本語ページが多くヒットするものをあげています。(正確な言語学上のものではありません)
  • 「馬拉題」・・・マレーシア語の題名です。
  • ネット上での画像や動画、その他の情報収集に役立てていただけると幸いです。
  • 未掲載の情報がありましたらご一報いただけると嬉しいです。

元のコンテンツに戻る

評価一覧・レビューについて

  • 大手のレビューサイトのそれぞれの評価付けをまとめたものです。
  • 左側のサイト名をクリックするとそれぞれのサイトの作品紹介ページに移動します。
  • 中央の星マークは、それぞれのサイトによって5点満点であったり、100点満点であったりする評価付けを10段階表記にしたものです。単位は1づつ、端数は小数点以下四捨五入してあります。
  • 右側の数字は実際のサイト上での評価付けになります。
  • 同じ作品でも各国によって評価付けが大きく違うものもあり、興味深いと思います。
    ただ、それぞれのサイト、作品によって、評価の基準や調査母数なども違っていますのであくまで参考程度にお願いします。
  • 「PICK UP レビュー」についてはおもにamazon.co.jpのものを一部抜粋してあります。詳しい各レビューの内容についてはリンク先サイトにて閲覧くださいませ。

元のコンテンツに戻る

商品情報について

  • 当サイトではアフィリエイトを利用していますが、サイトの主たる目的ではありません。。
  • 管理人自身の経験をもとにした購入記録や相場表などのコンテンツも今後作成していく予定です。
  • 同じ作品でも様々なバージョンが存在し、また日本では未発売の作品も多く、その場合海外盤の購入も検討することになると思います。
    しかし、管理人自身がそうであるように自ら外国語で書かれた海外のサイトで個人的に購入するのは敷居が高いと思いますので少しでもお役にたてる情報を発信していきたいと思っています。
  • 当サイトでリンクしている販売サイトなどはすべて管理人自身が利用した上でおすすめできるサイトではありますが、あくまで購入はお客様ご自身のご判断にて行って下さい。当サイトではその情報の完全性、正確性、安全性等いかなる保証も行いません。
  • サイトに表示されている相場などの情報は記事作成または更新時のものになります。

以下、個人的な主観も含まれています。

アマゾンでの購入について

管理人はよく利用しています。新発売のDVDやゲームなどの購入率はかなり高めです。
また、DVDの再販盤なども購入するケースが多いです。
当サイトで利用している商品画像付きのリンクは現在価格が自動的に更新されるので、ある程度リアルタイムな相場の参考になると思うので掲載させていただいています。

【おすすめポイント】
送料が無料(2010/6/2現在)。
レビューが豊富。
対応が迅速。注文手続きが簡単。
書籍、国内版DVD購入には総合的に見て一番おすすめします。
【問題点】
マーケットプレイス商品の中には、一般的な相場価格よりもかなり高値で出品されている場合がある。
パンフレットについては相場よりも高額に設定されていることが多く、おすすめしません。レアなものも少ないです。

ヤフオクの購入について

管理人は中古商品、パンフレットなどこちらも良く利用します。
ヤフオクでの相場検索が出来るサイトのオークファンで相場価格をチェックした上で利用しています。

【おすすめポイント】
タイミング次第ですが、思わぬ安値で入手できることがある。
パンフレットはセットで出品されていることが多く、送料面で有利。
一般的なパンフレット専門店などで購入する場合は状態が良いものは多いですが、相場は500円~1,000円程度+送料となりますが、オークションでは100円~500円でほぼ揃えることが出来ると思います。
【問題点】
当然ですが、タイミング次第では欲しい商品が見つからない。
相場を知らないと、とんでもない高値で買うはめになる。
時間に余裕が必要。(購入までの期間、取引のやり取りが面倒、など。)
特にストアには横柄な出品者が多い。(あくまで個人的な見解です。)
他の入札者とバッティングした時は引いた方が無難。

その他のサイトでの国内盤の購入について

送料も含め、上記以外では管理人はまず購入しません。以前はネット以外で実際の店舗にて衝動買いを良くしていましたが、今考えるとネット上の相場の2倍ぐらいで購入していたことになり、後悔しています。
もし閲覧者様の中でお得なサイトの情報をご存じの方がいらっしゃいましたら是非お知らせいただけるとありがたく思います。

元のコンテンツに戻る

海外盤の購入について

日本では未発売のものや、レアなバージョンなどは海外盤を検討することになります。価格は国内版に比べると比較的安価に入手できます。しかし海外盤ならではの問題がいくつか存在します。

【言語の問題】
あたりまえですが、海外盤には日本語吹替はありませんので、私も含め日本語しかできない方にとっては字幕が命綱ですが、ほぼ収録されていません。(中には海外盤でも日本語字幕が収録されている嬉しいものもあります。)
アクションをみるためだと割り切って購入しましょう。(中国語字幕を見てるとある程度わかりますが・・・)
後述しますが、基本的に安く購入するのであれば海外拠点のサイトがやはりおすすめです。しかし、日本語表記がされていない海外サイトで購入するのはちょっと敷居が高いという方は(管理人もそうです)海外拠点で日本語に対応しているサイトでの購入が良いと思います。
【再生の問題1:放送方式】
世界各国で使用されているテレビの放送方式にはいくつか種類があります。
  • NTSC方式・・・北米、カナダ、メキシコ、日本で使用されています。
  • PAL方式・・・ヨーロッパ、香港、中東で使用されています。
パソコンで視聴する場合にはPAL方式でも問題ありませんが、DVDプレイヤーなどでテレビで視聴する場合は基本的にはPAL方式のものだと視聴できません。
何とかする方法は簡単に後述します。
ただ、香港盤などでもNTSC方式のものが結構あります。
【再生の問題2:リージョンコード】
DVDの販売地域は、世界的に8の地域(リージョン1~8)に分かれています。
通常、各地域で販売されているDVDプレイヤーは、該当地域のリージョンコードとリージョンオールのみ再生可能となるようセッティングされています。
  • リージョンコード:1・・・アメリカ、カナダなど
  • リージョンコード:2・・・日本、ヨーロッパなど
  • リージョンコード:3・・・東南アジア (香港・韓国・台湾を含む)
  • リージョンコード:6・・・中国
  • リージョンコード:0
    リージョンコード:オール(ALL)・・・すべての地域で視聴可能
パソコンで視聴する場合、リージョンコードを変更して視聴することも可能ですが変更の回数が決まっており、もし通常はリージョン2のものをリージョン3に変更すると、国内版を視聴するときにはまたリージョンコードを変更することになってしまいますので現実的ではありません。
こちらも放送方式と同様に対処法は後述します。
海外盤でもリージョンオールのものは結構あります。
こちらのサイトに図入りでわかりやすい説明があります。
» Yes-Asia.com 「DVDのリージョンコードって何ですか?」
【再生の問題への対処方法】
香港盤などの作品には通常の視聴方法でも問題のない「NTSC方式」で「リージョンオール」のものも多数ありますが、そうでは無い場合、いくつか方法があります。
管理人自身もあまりパソコンの技術的なことは詳しくないので、ここで細かく説明は出来ませんが、私は
  1. フリーソフトの「DVDShrink」を使ってリッピング(記録されているデジタル形式のデータを抽出し、パソコンで処理できるようなファイル形式に変換して保存すること。)
    詳しくはこちらのサイトが参考になると思います。
    » DVDShrinkでDVDをバックアップしよう!
  2. 同じくフリーソフトの「ImgBurn」を使ってDVDディスクにライティング。
    詳しくはこちらのサイトが参考になると思います。
    » フリーのライティングツール「ImgBurn」の使い方
これで放送方式とリージョンコード両方の問題がクリアできると思います。

元のコンテンツに戻る

おすすめの海外盤購入サイト(香港盤・中国盤などアジア盤)

アジア盤のDVDやVCDなら迷いなく以下の2サイトをオススメします。
送料も含めた料金では「Play-Asia」の方が安いです。品揃えやサイトの使いやすさでは「YesAsia」でしょう。

ともに海外サイトですが、値段もすべて日本表記されていますので問題なく閲覧できると思います。

YesAsia.com(イエスアジアドットコム)
1998年から運営されている香港拠点の巨大サイト(東京にもオフィスあり)。
圧倒的な品揃えを誇りカンフー系のジャンルにも強いサイトです。
料金も国内の他サイトに比べて安く、サイトも非常に見やすく安心感があります。
YesAsia.comロゴ
Play-Asia.com(プレイアジアドットコム)
2002年から運されている香港拠点のサイト。YesAsia.comにくらべサイトの利便性は若干落ちますが、送料を含めた料金はどこよりも安いと思います。
大体の作品は見つかりますが、一作品のバリエーションはちょっと少なめなのが残念。
Play-Asia.comロゴ

(参考資料)料金比較表

あくまで参考ですが、ジャッキーチェン主演の「大兵小将」とミシェルヨー主演の「皇家師姐(邦題:レディ・ハード 香港大捜査線)」の料金を比較してみました。

調査対象は上記2サイトと、ヤフオクに出品中の商品、そして楽天・yahoo!ショッピング全件と検索表示で上位にくる大手サイト10社です。

サイト YesAsia.com Play-Asia.com ヤフオク 他サイト
所在地 香港(東京) 香港 出品者による ほぼ日本
送料 638円 356円 160~500円 300~660円
送料を含めた商品代金
「大兵小将」 台湾盤DVD なし なし なし 3,100円
台湾盤BL 3,151円 なし なし 4,200円
香港盤VCD 1,414円 なし なし 2,080円
香港盤DVD
(2枚組)
2,100円 1,556円 安)1,862円
高)2,500円
2,550円
香港盤BL 2,465円 2,206円 安)2,940円
高)5,500円
なし
中国盤DVD
(通常版)
1,643円 なし 安)1,050円
高)1,100円
安)1,780円
高)1,840円
中国盤DVD
(dts仕様)
在庫切れ なし 1,140円 安)1,990円
高)2,280円
中国盤BL 3,288円 なし なし なし
韓国盤DVD 3,288円 なし なし なし
皇家師姐/レディ・ハード 香港大捜査線 香港盤
(Dリマスター)
1,917円 1,486円 2,400円 安)2,530円
高)2,780円
  • 海外サイトの価格は1ドル=91.405円で計算しています
  • 送料は最も安いものを表記しています。
  • 価格は市場調査時のものになります。
  • ヤフオクについては中古も含まれています。
    また、落札価格ではなく出品時の価格となります。
  • BL=ブルー・レイ・ディスクの略です。

おすすめの海外盤購入サイト(その他の国盤)

香港映画なのに香港盤のDVDは作られてなく、北米盤のみ存在するケースも稀にあります。
また香港盤や日本版などには未収録の特典映像などがお目当ての時は重宝するサイトです。

amazon.com
サイトは英語ですが、日本のamazon.co.jpとほとんど同じ操作で登録・閲覧できるので使い勝手が良いサイトです。
DVD amazon.comロゴ
こちらのサイトにアカウント作成方法が載っていました。
個人輸入:Amazon.comにアカウントを作成する
DVD Fantasium(DVDファンタシウム)
ニューヨーク在住の日本人の方が運営されているサイト。東京にも事務所があるようです。
アメリカ盤をはじめヨーロッパ盤なども取り扱っています。
もし在庫がなくても簡単に中古盤をさがしてくれるように依頼できます。対応も良いです。
ただ、難点はサイトがちょっと重たいことです。
DVD Fantasiumロゴ
Achoo! Legends(アチョー!レジェンズ)
メインはブルース・リーのようですが、カンフー映画全般取り扱っています。
アジア盤以外を探すならおすすめです。商品説明も詳しくされています。
また、さまざまな国のバージョンが揃っており、お目当ての商品がきっと見つかるるはずです。
アチョー!レジェンズロゴ

元のコンテンツに戻る

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス

人気記事ランキング【今月の人気記事】