Skip to content

ドラゴン危機一発/唐山大兄(1971)


『ドラゴン危機一発』の画像

アメリカから香港に帰国したリーが、ゴールデン・ハーベスト社と契約して出演した香港主演第1作。

1971年の公開時に香港映画史上最大のヒットを記録し、一夜にしてブルース・リーをスーパースターにした記念碑的作品。

監督は、プロデューサーの鄒文懐(レイモンド・チョウ)とともにゴールデン・ハーベスト社を創立した羅維(ロー・ウェイ)。ヒロイン役は、70年のゴールデン・ハーベスト新人オーディションで映画界入りした衣依(マリア・イー)。

『ドラゴン危機一発』のスクリーンショット

『ドラゴン危機一発』の動画集

この作品のサントラ動画は、ドラゴン危機一発(1971)サントラ をご覧ください。

トレーラーやその他の動画

本編動画

『ドラゴン危機一発』の作品詳細

基本情報/スタッフ&キャストなど

製作年1971年(1971年7月23日~1971年8月18日)
公開情報香港:1971-10-31/日本:1974-04-13
アメリカ(ニューヨーク):1973年3月
時間90分
興行成績香港:3,197,416.HK$ 年間ランキング1位
日本:6億円 年間ランキング7位
製作費100,000US$(560,000HK$、約3,000万円)
製作会社嘉禾有限公司(ゴールデンハーベスト)
製作鄒文懷(レイモンド・チョウ)
監督羅維(ロー・ウェイ)
脚本羅維(ロー・ウェイ)
武術指導韓英傑(ハン・インチェ)
出演者李小龍(ブルース・リー)/ 衣依(マリア・イー)/ 田俊(ジェームス・ティエン)
苗可秀(ノラ・ミャオ)/ 李昆(リー・クン)/ 韓英傑(ハン・インチェ)
劉永(トニー・リュウ)/ 金山/ 李華絲
馬麗蓮/ 陳著/ 陳會毅
林正英(ラム・チェンイン)/ 杜家楨/ 陳龍

PICK UP アーティスト

  • 李小龍李小龍(ブルース・リー)

  • 衣依衣依(マリア・イー)

  • 田俊田俊(ジェームス・ティエン)

  • 苗可秀苗可秀(ノラ・ミャオ)

  • 韓英傑韓英傑(ハン・インチェ)

  • 劉永劉永(トニー・リュウ)

  • 林正英林正英(ラム・チェンイン)

各国タイトルリスト

漢題唐山大兄
邦題ドラゴン危機一発
英題The Big Boss
Fists of Fury
Fists of Glory
希題Bruce Lee, i grothia tou thanatou
O megalos arhigos, o aittitos tou karate
独題Die Todesfaust des Cheng Li
伊題Il furore della Cina colpisce ancora
西題Karate a muerte en Bangkok
伯題O Dragão Chinês

あらすじ

大雨による洪水のため農作物に大被害を受けたチェン・チャオ・ワン(B・リー)は、従弟のシュー・シェン(J・ティエン)一家を頼って都会で働く決心をかためた。

旅立つとき、母は喧嘩早い彼の行末を安じて人との争いをかたく禁じ、チェン自身も母から贈られたヒスイのペンダントにかけて、絶対に喧嘩をしない誓いを立てた。

その彼が身を寄せることになったシューの家は、妹のチャオ・メイ(M・イー)を始めとする大家族で暮していたが、男たちは町の南にある製氷工場で働いていて、チェンもそこで働くことになった。

町の有力者であるマイ(H・Y・チェン)が経営するこの製氷工場は、実はマイ一家の表看板で、ここで作る氷の塊の中に隠した麻薬の密売が彼の本業だったのである。

そんなこととは知らないチェンは工場で働き始めたが、ふとした手もとの狂いで氷をレールから落としたため、中に隠してあった麻薬が飛びだしてしまった。

そして、それを目撃した工員のチンとウォンの二人が行方不明になった。不信に思ったシューは、マイを訪ねるが、その彼もマイの息子に殺されてしまう。

広大な屋敷に住んでいるマイは、自ら陣頭に立って親衛隊に殺人戦法を教える腕の持主だった。

家に残されたチェン、チャオ・メイ、クオン(L・クン)たちはようやくマイ一味を疑い始め、情報を要求してストライキに入った。

その結果、暴力をもって働かせようとするマイの部下たちとの間で乱闘が始まり、静観していたチェンもまきぞいをくい、母が贈ってくれた大切なペンダントが真二つに割れた。

さしものチェンもこれ以上がまんできなかった。チェンの強さに驚ろいた工場長は、この有様をボスに報告し、彼を新しい班長に任命した。

その夜、工場長に招かれたチェンは、飲みつけない酒に酔いつぶれ、翌朝、眼を覚ましたのはウー(マリラン)という女のベッドの中だった。

驚ろいてはねおき、表へ飛びだしたチェンは運悪くチャオ・メイと出くわしてしまった。かねてからチェンに思いを寄せていたチャオ・メイにはショックだった。

それ以来、チェンに対する仲間の態度が急変した。チェンは彼らの誤解をとくために、マイに会ってシューたちの捜索を頼むと同時に、ウーからマイ一味が麻薬の密売をしている事実を聞かされ、工場へ駆けつけた。

氷室に山と積まれた氷の柱。チェンはその中から、行方不明になっていたシューらのバラバラ死体を発見した。

そこへマイの命令でチェンを尾行していた親衛隊が現われ、大乱闘が始まる。だが、チェンの前には敵ではなかった。

失意と疲労で家へ帰ったチェンが発見したのは、クオン以下小さな子供にいたるまで、無残に刺し殺された血の死体であった。チャオ・メイの姿も消えていた。

全身怒りにふるえ、今や復讐の鬼と化したチェンは、ボスの屋敷に急いだ。帰らぬ息子の捜索を命じられた親衛隊が屋敷から飛びだした眼の前に、不敵な笑いを浮かべたチェンが立っていた。

怒り狂うチェンの鉄拳が、次々に敵を倒していく。ついにマイとチェンの一騎打ちが始まる。互いに秘術をつくしてのすさまじい死闘。

そのとき、かねてからマイに虐待されていた女中の一人が、屋敷牢に監禁されていたチャオ・メイを逃がしてやった。

広い庭園での死闘はなおも続いていたが、ついに凱歌はチェンの上にあがった。力つきたマイの死体の上に折り重なって倒れたチェンは全身血だらけだった。

チャオ・メイの知らせで警官隊がかけつけた。なおも抵抗しようとするチェンに、チャオ・メイは自首をすすめるのだった。

『ドラゴン危機一発』のスクリーンショット

小ネタ

  • 本作品は最初ジェームズ・ティエンを主役に据えた作品で、ブルース・リーは準主役という位置づけであったが、ブルース・リーの凄まじいインパクトに彼を主役に据える方向でシナリオが書きかえられた。そのため、ジェームズ・ティエン演じる役柄は途中で殺されてしまうことになった。
  • 日本題名『ドラゴン危機一発』は、『007 危機一発』を捩ったもので、ストーリーとは全く関係無い。また、日本公開時は、配給元の東和が製作したオリジナル主題歌「鋼鉄の男」を編入したオリジナルのバージョンで公開された。現在このバージョンは、東和の権利切れにともない再公開・放送・ソフト発売はされていない。また東和は「洋画は英語」という理由で英語音源で公開されている。
  • 殆どのシーンがタイでのロケによるもので、主要キャストを除いてエキストラも殆どがタイ人だった。タイの過酷な気候の中で続いた撮影で、主役を演じたブルース・リーの体重は激減したという。また、ブルースがコップを洗っていた際、右手人差し指を十針縫う大ケガを負ってしまう(本作の一部シーンで右人差し指に包帯を巻いているのがわかる)。後に握力が強すぎて握りつぶしてしまったと関係者から語られている。
  • 公開当時、ジェームズ・ティエンの死体氷漬けシーンなどあまりにも残酷なシーンが多かったため、後に海外公開版から一部はカットされた。また、製氷工場の乱闘シーンでは、リーが足下の氷ノコギリを拾って敵に斬りつける場面があるが、完成当時の本編には、この後で敵の脳天を真っ二つに叩き割る過激な描写があった。しかしこれは残酷描写の最たるものとして海外版からはカットされ、現在では膝元香港のソフトウェアでも確認することが出来ない、幻のシーンになっている(現在この場面はスチルのみが現存している)。
  • 『Fists of Fury』は本来『ドラゴン怒りの鉄拳』につけられるはずの題名だったが、なぜかアメリカでは本作の題名として知られている(しかも単数形のFistではなく複数形のFistsになっている)。
  • 初のTV放映時には、藤岡弘、がブルース・リーの日本語吹き替えを担当していた。アクション・シーンも、怪鳥音ではなく藤岡本人の叫び声である。
  • 本作には、ブルースがドラ息子の手下の一人を殴り殺すシーンで、勢い余って相手が板壁を突き抜ける際に人型の穴が出来てしまうという、ファンの間では非常に有名な場面があり、ブルース全出演作の中でも屈指の名場面といえる。

評価一覧・レビュー

大手レビューサイトでどのような評価付けをされているかの一覧です。

サイト名言語評価イメージ評価点数/最大点数
amazon.co.jp日本語評価94.5/5
Yahoo!映画日本語評価83.82/5
allcinema日本語評価87.5/10
みんなのシネマレビュー日本語評価55.34/10
ぴあ映画生活日本語評価768/100
eiga.com日本語評価63/5
IMDB英語評価76.6/10
allmovie英語評価63/5
amazon.com英語評価73.4/5
Filmaffinityスペイン語評価66.3/10
Daum韓国語評価109.8/10
YesAsia.com中国語評価1010/10
豆瓣电影中国語評価87.7/10

『ドラゴン危機一発』の評価グラフ

PICK UP レビュー

良い評価記念すべき主演第一作(amazon.co.jp)

言わずと知れた、ブルース・リーの映画主演第一作です。内容はかなり滅茶苦茶なのですが、ブルースのアクションは秀でていて、表情も豊かな一面も見られます。ただ当時の日本のヤクザ映画を反映した為か、血の描写が・・・続きを読む

悪い評価安っぽさ全開、ツッコミどころ満載(amazon.co.jp)

ブルース・リーの記念すべき主演第一作目。今更ながら見て感じた事は、凄く安直過ぎる展開が目立つ作品。とにかくあり得ない場面が多いので、ブルース・リー・・・続きを読む

『ドラゴン危機一発』の商品情報

パンフレット

ドラゴン危機一発 パンフレット表面ドラゴン危機一発 パンフレット裏面

発行元東宝株式会社
当時の価格
ページ数22ページ
おもな内容
世界最強の男(P4)
映画評論家 小野耕世
解説(P6)
スタッフ・キャスト(P7)
物語(P9~10)
ブルース・リーのすべて(P13~14)
映画評論家 球磨元男
ブルース・リー出演作品のすべて(P16)
日野康一
『ドラゴン危機一発』にはブルース・リーの魅力の原型がすべて盛り込まれている(P17~18)
映画評論家 福岡翼
ブルース・リー・スナップ(P19~21)

DVDや関連商品

『ドラゴン危機一発』のスクリーンショット

カテゴリ: ゴールデン・ハーベスト全集, ブルース・リー作品, 1971年.

タグ:, , , .


One Response

(この記事のコメントの RSS を購読する

  1. Hiron says

    今見てきました。
    親戚4人いなくなって、工場長になったと威張って帰ってくるシーンは、ちょっと理解しかねます。
    売春宿から出てきたリーを見た、マリア・イーもその後普通で、よくわかりません。
    マラリンのヌードはいらなかったが、香港第1作で、当時の香港電影はお色気、グロがないといけないというじだいだからしょうがない。
    カンフーは、迫力はあったのですべてOK。



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス