Skip to content

History of 倉田保昭【第7章】ゴールデントリオ VS 和製ドラゴン軍団


倉田保昭 大全【MENU】

History of 倉田保昭【第7章】ゴールデントリオ VS 和製ドラゴン軍団


日本が誇る和製ドラゴン倉田保昭氏の、生誕から現在に至る60余年の軌跡。

1984年、ニンジャブームも終焉を迎え、国内外での仕事が激減。しかし、サモハンの誘いで再び香港で活躍、人気絶頂のゴールデン・トリオと共演を果たしながらも、自社製作へ挑戦する変革期の5年間の足取りを追いました。

サモハン・キンポーとの契約

1984年 38歳:停滞

翌84年は、一転して出演が激減。映画出演はなく、単発でのテレビドラマ出演3本のみとなった。

うち2本は、人気テレビシリーズ『西部警察 PART-III 2時間スペシャル「燃える勇者たち」』『西部警察 PART-III 最終回スペシャル「さよなら西部警察 大門死す! 男たちよ永遠に…」』のスペシャル版2編にゲスト出演。

『西部警察 PART-II』倉田保昭 『西部警察 PART-II』倉田保昭 『西部警察 PART-II』倉田保昭

もう1本は、人気の時代劇『必殺仕事人IV』にも単発でのゲスト出演だった。

この年、日本でも人気絶頂期にあった成龍(ジャッキー・チェン)、洪金寶(サモハン・キンポー)、元彪(ユンピョウ)らが来日したときに再会。サモハンから映画出演の誘いを受ける。

この出会いが、翌年以降の活躍に繋がることに。

倉田氏は、アクションクラブなどの活動も行っているため、一概にテレビや映画への出演が無いからといって、活動が停滞しているとは限りません。

しかし、この時期は、サモハンに仕事が無いと話をしたと著書でも語っているように、厳しい状況だったようですね。

1985年 39歳:ゴールデン・トリオとの共演

この年、日本での出演は、『ザ・ハングマン4』『特命刑事ザ・コップ』といったテレビシリーズへの単発ゲスト出演に留まり、海外での仕事が中心となった。

昨年、ジャッキー・チェンらとともに来日したサモハン・キンポーの誘いでサモハンの会社と3本契約を交わす。

5月には、初のゴールデン・ハーベスト系作品であり、ジャッキー・チェン、サモハン・キンポー、ユンピョウとの共演作『七福星(夏日福星)』の撮影に参加することになった。

今までショウ・ブラザースとの関係から、ゴールデン・ハーベスト関係の仕事に関わることがなかったが、この年ようやく実現することに。

『七福星(夏日福星)』倉田保昭、ジャッキー・チェン、ユンピョウ

スタジオ内が39度になるほどの炎天下の中、妥協を許さない洪金寶監督の撮影が続き、いよいよジャッキー・チェンとの初アクションシーンへと突入。

最初の1シーンには2日間を要し、64回のリテイク、そして2人とも手の指を骨折した上でのOKテイクだった。

その後も2人のシーン撮影が続き、ジャッキー・チェンのスケジュールが残り1日しかないという5日目の最終日の撮影がスタートする。

共演者であるユンピョウアンディ・ラウ、ミシェル・ヨーらが見守る中、お互いに極限の集中力で、次々とOKテイクを重ねていく。

そして、最後のカットが撮り終わったのは、深夜1時を回った頃だった。

続くサモハンとのアクションシーンでも、容赦ないコダワリの撮影が続いた。

『七福星(夏日福星)』サモハン・キンポー 『七福星(夏日福星)』ジャッキー・チェン 『七福星(夏日福星)』ユンピョウ 『七福星(夏日福星)』ジャッキー・チェン、ユンピョウ、アンディ・ラウ 『七福星(夏日福星)』ミシェル・ヨー 『七福星(夏日福星)』 『七福星(夏日福星)』倉田保昭 『七福星(夏日福星)』倉田保昭 『七福星(夏日福星)』倉田保昭 『七福星(夏日福星)』倉田保昭 『七福星(夏日福星)』倉田保昭 『七福星(夏日福星)』倉田保昭

この『夏日福星』は早くも8月に香港で公開。同年公開された前作『福星高照(邦題:大福星)』に次ぐ第2位と大ヒットを記録した。

1985年6月10日、株式会社倉田プロモーション、有限会社K.Yインターナショナルを設立し代表取締役に就任。

その後、甄子丹(ドニー・イェン)作品でもおなじみのアクション監督・谷垣健治や、下村勇二、坂本浩一、「仮面ノリダー」のジョッカーなど輩出するなど、人材育成に注力しながらも、映画製作も手掛けていくこととなる。

10月から年末にかけてはサモハンとの2作目、『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』の撮影がスタート。

同じくサモハン監督による、当時の香港映画のスターたちが多数出演したオールスター映画で、再びユンピョウとも共演。

また、オーディションに合格しデビューを果たした、日本出身のアクション女優・大島由加里(シンシア・ラスター)と初共演している。

この作品も翌年公開され、香港で2位のメガヒットを飛ばしている。

『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』サモハン・キンポー、ロザムンド・クァン 『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』サモハン・キンポー 『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』シンシア・ロスロック 『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』大島由加里 『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』倉田保昭、大島由加里 『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』倉田保昭 『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』 『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』サモハン・キンポー 『冒険活劇 上海エクスプレス(富貴列車)』サモハン・キンポー

続けて朱延平監督の『悪漢列伝(歡樂龍虎榜)』へ出演。楊惠珊(ヤン・ホイサン)、藍心湄、そしてデビューしたての大島由加里という格闘三女性と共演。

『悪漢列伝(歡樂龍虎榜)』倉田保昭 『悪漢列伝(歡樂龍虎榜)』大島由加里 『悪漢列伝(歡樂龍虎榜)』大島由加里

また、この年はアメリカとの合作映画『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ(三島由紀夫)』にも出演するなど、大活躍の一年となった。

『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』倉田保昭 『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』

後進の育成

1986年 40歳:門下生の活躍

この年、再び俳優活動は抑え目となるも、後進の育成に注力。

倉田プロモーション所属の、松井哲也が、『中華戰士(邦題:チャイニーズ・ウォリアーズ)』『最佳福星(邦題:十福星)』への出演を果たす。

自身の俳優活動は、日本では、西田敏行主演の映画『植村直己物語』に出演。

香港映画では、ゴールデン・ハーベストのプロデューサーからお願いされ、『セブンス・カース(原振俠與衛斯理)』に一晩だけ特別出演。

主演俳優が誰かもわからないまま撮影に参加したが、後で主演俳優の中に周潤發(チョウ・ユンファ)もいることがわかった。

周潤發とは彼がテレビの新人俳優だったころに、面識はあったが、結局この撮影では会うことが出来ず、幻の共演作となった。

『セブンス・カース(原振俠與衛斯理)』 『セブンス・カース(原振俠與衛斯理)』倉田保昭 『セブンス・カース(原振俠與衛斯理)』 『セブンス・カース(原振俠與衛斯理)』

1987年 41歳:ユン・ピョウ(元彪)との友情

この年サモハンとの第3作目『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』で、2か月間のフィリピンロケにも参加。あまりの暑さで4キロほど体重が減少。その後香港へと移動し作品は完成する。

やはりこの作品も、興行収入10位とヒットを記録した。

サモハン・キンポーと倉田保昭氏

『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』 『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』 『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』 『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』 『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』 『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』 『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』 『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』 『イースタン・コンドル(東方禿鷹)』

これまでのサモハンとの3本契約の間、特に親密になったのは元彪(ユンピョウ)で、その後もお互いが香港・日本を行き来するたびに連絡を取り合い、食事をする仲になった。

ユンピョウと倉田父娘

自社製作への挑戦

1988年 42歳:ファイナルファイト

日本映画で、宮沢りえの映画デビュー作『ぼくらの七日間戦争』に出演。

『ぼくらの七日間戦争』 『ぼくらの七日間戦争』 『ぼくらの七日間戦争』倉田保昭 『ぼくらの七日間戦争』倉田保昭

続いて香港では、劉鎮偉(ジェフ・ラウ)監督のコメディ作品『金裝大酒店』に出演。

『金裝大酒店』 『金裝大酒店』倉田保昭 『金裝大酒店』 『金裝大酒店』

海外での表演や、北京でテレビ出演するなどの仕事をこなしながらも、自身のプロデュース作品の準備を進める。

10月、自ら企画・原案・プロデュース・アクション監督・主演を務めた日本・香港合作『ファイナルファイト 最後の一撃』の撮影が香港でスタート。1週間ほど後に、日本へ場所を移して撮影が進められた。

総予算は500万HKドル(約8,300万円)と厳しい中、20日間のビジネスホテルでの宿泊にもかかわらず、旧友である楊斯(ヤン・スエ)が駆けつけ、演技派の任達華(サイモン・ヤム)も採用。長年暖めてきた企画の映画化がついに実現した。

『ファイナルファイト 最後の一撃』 『ファイナルファイト 最後の一撃』倉田保昭 『ファイナルファイト 最後の一撃』倉田保昭 『ファイナルファイト 最後の一撃』倉田保昭

  • ぼくらの七日間戦争

    1988年-日本-映画
    ぼくらの七日間戦争
    監督:菅原比呂志(現・菅原浩志)
    共演:宮沢りえ、五十嵐美穂、安孫子里香

  • 金裝大酒店

    1988年-香港-映画
    金裝大酒店
    監督:劉鎮偉(ジェフ・ラウ)
    共演:鄭則仕(ケント・チェン)、吳耀漢(リチャード・ン)、張學友(ジャッキー・チュン)

  • ファイナルファイト 最後の一撃

    1989年-日本-映画
    ファイナルファイト 最後の一撃
    監督:後藤秀司
    共演:任達華(サイモン・ヤム)、林建明(ラム・キンミン)

  • 参考資料
    華僑日報, 1988-04-08
    七福星、表演舞台、北京で電視

  • 参考資料
    華僑日報, 1988-07-28
    写真、フジテレビ、今日離港。来月日本公開。フィリピンロケの西片。次は10月来港。猪木、松井?

  • 参考資料
    華僑日報, 1988-10-12
    自組公司、日本人監督で香港撮影開始、林、サイモン。23日に日本で開始。7,8日ロケして残りは香港で

1989~1990年 43~44歳:充電期間

昨年撮影された『ファイナルファイト 最後の一撃』の編集作業も終わり、作品を完成させた倉田氏は、家族を連れて香港を訪問。メディアの取材などを受ける。

当初から、無国籍映画を目指して製作された本作は、世界50カ国以上で公開され大ヒットを記録。アジアだけでなく、アメリカやヨーロッパにおいても、倉田保昭の名を世に知らしめることとなった。

この後、2年近く映画やテレビドラマへの出演は無く、これからの新展開への充電期間に充てることに。

  • 参考資料
    華僑日報, 1989-03-26
    子供を連れて来港。ファイナルファイト完成。製作費500万HK$、これまでも2本の西片製作したが資金がなく出品少ない

  • 参考資料
    華僑日報, 1989-03-30
    インタビュー記事、家4軒、車2台?家は3億

  • 参考資料
    華僑日報, 1989-12-03
    ファイナル以外にもう1本?ティ・ロン出演、東映との合作、年内には開始?

倉田保昭 大全【MENU】

カテゴリ: スター名鑑.


0 件のコメント

(この記事のコメントの RSS を購読する



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

PICKUPアイテム

☆サモ・ハン作品初DVD化☆まさかの日本語吹替え収録!

燃えよデブゴン 豚だカップル拳 HDマスター版 [DVD]

『燃えよデブゴン 豚だカップル拳』

痩せ虎とデブゴン HDマスター版 [DVD]

『痩せ虎とデブゴン』

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス