Skip to content

ライジングドラゴン興行成績~ジャッキーチェン中国市場への挑戦!


ライジングドラゴン興行成績~ジャッキーチェン中国市場への挑戦!


いよいよジャッキー・チェン渾身の一作『ライジング・ドラゴン(十二生肖)』の公開が各地で始まりました!
そこで、今後その興行成績を見守っていくうえで、知っていた方がより楽しめるんじゃないか、という情報をまとめてみることにしました。

↓↓↓↓↓↓↓↓最新の興行成績をチェックしたい方はコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓

『ライジング・ドラゴン』興行成績≪速報≫

ハリウッドを揺るがす中国映画市場

先月末の映画.com ニュースの記事によると、2020年にはハリウッドを抜いて、中国が世界最大の映画市場になるとか。。。

実際は、そうは言っても現時点で中国とアメリカでは4倍以上の開きがあるので、このままのペースで伸びていけば・・・という前提ではあるのですけどね~(^_^;) いくらなんでも、そこまで伸び続けるかな(・_・?) ただ13億人のマンパワー(アメリカの4倍以上!)はあなどれませんなぁ。。。

とにかく、その成長ぶりは異様とも思えるほどで、今年も前年比130%の勢いで増加中で、2006年に比べると約8.5倍に!
ついに世界第2位だった日本の総興行収入が抜かれてしまいました(;д;)

中国と日本の総興行収入グラフ

中国とアメリカの総興行収入グラフ

個人的には、あまり市場が大きくなりすぎて、媚び売るハリウッド映画が増えない事を祈るばかりです(^_^;)

中国では、上のように興行収入も年々増加していますが、上映スクリーン数もものすごい勢いで増加中です。
昨年、一年間で増えたスクリーン数はなんと「3,030」スクリーン!2011年末の総スクリーン数は「9,200」となっています。ちなみに、日本の総スクリーン数が「3,329」ですので、ほぼそれに近い数が1年間で増えたことになります。

また、現在中国での大ヒットには「3D」であることが必須であると言われるように、9,200スクリーンの内、「5,300」が3D対応スクリーンになっているようです。(『ライジング・ドラゴン』の3D公開もその辺の事情があってのことでしょうねー。)

※今後、記事内では中国の興行収入は基本的に「元」で表記します。()で円表記をしている場合は、大体の当時の相場で換算しています。
ちなみに、2012年12月19日現在では「1元=約13.4円」、2002年以降は「1元=大体12~15円ぐらい」の間で動いているようです。

ジャッキーの中国市場への挑戦

香港から始まり、日本、中国、アメリカと市場を席巻してきたジャッキーが、急成長中の中国市場へ再び挑戦しています。

ここ6年の間で8倍以上の規模へと成長し、ついに今年は日本の映画市場を抜いて、ハリウッドに次ぐ市場へと成長を遂げた中国。

特にここ数年、ジェット・リーやドニー・イェンといった功夫スターが結果を残している中、ジャッキーは苦戦。

しかし、中国でのテレビやイベントの出演、雑誌、インターネットなどでのプロモーションを見れば一目瞭然!ジャッキーは本気で中国市場を落としに言ってるのです!!

もちろん我らが日本での興行成績も気になるところではありますが、それはまだ先の話し。

まずは、今まさに巨大市場と闘っているジャッキーを応援すべく、これまでのジャッキーの中国市場での歴史を振り返ってみましょう(^▽^)/

1994年~いきなりの中国制覇!

おそらく、最初に中国で上映された作品は1994年の『酔拳2』。どういう形で上映されたのかはわかりませんが、成績は1,000万元とあまりに少ないので、その後ジャッキー映画が公開されるようになってから、小規模公開されたのかもしれません。

私は以前までは、てっきりジャッキー映画も普通に中国で公開されているものとばかり思ってたのですが、実は長いこと公開されてなかったんですね~(*゚o゚*)

それ以降は、ジャッキー映画も中国で公開されるようになるワケですが、大陸出身のジェット・リーも中国公開には苦しめられ続けた一人です。

詳しくは、「ジェット・リー物語」や、「ジェットリー興行成績一覧」に書いてますが、初期の「少林寺」シリーズ3作が中国で公開され大ヒットを記録するも、その後は悉く公開されず(;д;) ようやく2000年代に入ってから少しづつ公開されるようになりました。

話を戻しますが、次にジャッキー映画が公開されたのは、95年の『レッド・ブロンクス』で、公式にはこちらが「ジャッキー中国進出第1弾」ということになっているようです。

本格的な公開(?)とあって、その成績は8,000万元で第2位と大ヒット!中国・香港作品ではトップの成績を収めました。これは中国で公開された「香港映画」としては、過去最高の数字だったようです。
ちなみに1位は、シュワちゃんの『トゥルーライズ』でした。

当時ジャッキーは、香港でも少し低迷していた(といっても10位には入ってるのですが…)だけに、この中国でのヒットは嬉しかったはず。

次の作品『デッドヒート』はなぜか公開されなかった(もしや日本がロケ地だから?)のですが、次の『ファイナル・プロジェクト』が、大当たり☆ これが9,600万元を稼ぎ出して総合TOPを獲得します!2位の倍近い成績で中国公開の香港映画記録を自ら更新しました。

この作品は香港でも史上NO.1のヒットを記録しましたが、残念ながら今のところ、香港での最後のNO.1作品となっています。ここ最近の騒動を考えると、この先も…(–,)

1997年~ハリウッド進出をきっかけに失速

次に公開された『ナイスガイ』はちょっと失速し、6,500万元で総合3位に。

続く『WHO AM I ?』では8,000万元と盛り返し、中国・香港作品ではTOPを取ったものの、ハリウッド勢には勝てず、また3位に。。。
この年は『タイタニック』が3億6,000万元というワケわからない興行収入を稼ぎだし圧勝でした。ちなみにこれはこの時点で中国公開映画の歴代NO.1に。

そしてジャッキーはハリウッドへと活躍の場を移すワケですが、次の『ラッシュアワー』では香港同様に「ハリウッドのジャッキー作品」は受け入れられず、2,500万元で8位と大苦戦。

ところが、香港作品である『ゴージャス』は、それにも及ばず2,000万元で10位という結果に終わってしまいます(;д;)
さぁ、どうするジャッキー!?

2000年~公開の壁とジェット・リー

何とか盛り返したいジャッキーは、2000年に『シャンハイ・ヌーン』で、再びハリウッド作品で中国市場に挑戦。。。しかし、市場全体がハリウッド優勢にもかかわらず、2,000万元とまた苦戦。結局8位に終わってしまいます。

満を持して投入した香港作品『アクシデンタル・スパイ』では、総合3位と健闘!しかしTOPのハリウッド映画『パールハーバー』は1億元越えを果たしており、倍以上の開きが。。。
同年公開の『ラッシュアワー2』も、6位だったものの、興行収入は1,500万元と寂しい結果に。

そして『タキシード』は、公開すらされず…中国に限らず各国でも残念な結果に終わってしまい、TOPの座は遥か彼方に・・・(;д;) 頑張れジャッキー!

ジャッキーが中国での興行に伸び悩んでいる時、同じようにジェット・リーも苦しんでいました。

まだジャッキーの場合は、ほぼ公開自体はされていましたが、ジェットの場合は全く公開されない状況が続いていたのです。

しかし、2002年に久々の中国作品『HERO(英雄)』をひっさげ、中国市場に帰ってきたジェットはこの作品で2億5,000万元という驚異的な興行成績を叩き出しTOPに。ジャッキーが『ファイナル・プロジェクト』で作った記録を大幅に塗り替えてしまったのです(*゚o゚*)

コレはうかうかしてられないジャッキーでしたが、続いてのハリウッド作品『シャンハイ・ナイト』は公開すらされず(;д;) 2作連続での未公開に。(゚Д゚|||)

次の『メダリオン』は、なんとかTOP10内に喰いこめたものの、『HERO』の10分の1程度の興行収入に終わってしまいます。

2004年~近くて遠いTOPへの道

翌2004年は、ハリウッド作品『80デイズ』が公開まで持ち込めたものの、1,200万元と95年以降最低の数字に。

香港、ハリウッドでもヒット作に恵まれない厳しい時期が続く中、満を持して『香港国際警察/NEW POLICE STORY』を投入!
が、しかし、結果は4,300万元と、98年『WHO AM I ?』以来の数字を残すも9位に終わってしまうのでした。。。

この2004年は、チャウ・シンチーの『カンフー・ハッスル』が、1億5,500万元のスマッシュヒットを放った年で、『LOVERS』、『イノセントワールド -天下無賊-』と1億元越えが3本も出る当たり年だったんですけどね~(–,)

翌2005年、さすがに何とかせねばと思ったのか、ジャッキーは中国色の強い合作映画『THE MYTH/神話』で勝負に出ます!

結果、1億元近い興行成績を叩き出し、見事2位に!
しかし、1位は圧倒的な強さで『PROMISE<無極>』がゲット。まだTOPへの道のりは険しいようです(;д;)

余談ですが、この『神話』は日本公開時には、中国歴代NO.1樹立!とか、興行収入1億人民元突破!というコピーを前面に押し出していましたが、未だそのような事実は見えないという、、、結構いいかげんなんですよね、こういうのって。。。(^_^;)

2006年~タッグで勝負に!

いよいよTOPも視野に入ってきたジャッキーは、香港作品の『プロジェクトBB』で次の勝負に打って出ます。

しかしTOPはチョウ・ユンファの『王妃の紋章』が3億元近い興行収入を上げて圧勝。
『プロジェクトBB』は1億元には届かず、6位で終わってしまうのです。

ちなみにこの年、ジェット・リーの『SPIRIT』が4位にランクイン。過去の実績を見ても、公開本数こそ少ないがジャッキーよりも一歩リード。

そして翌2007年。ジャッキーの『ラッシュアワー3』が、内容が「反中国的」だとして、上映できない事態になっている間に、ジェット・リーの『ウォーロード/男たちの誓い』が2億元の興行収入を上げ、中国作品としてはこの年のTOPに。総合でも3位につける好成績を残し、ジェットは『HERO』に続く2億元越えを達成。さらにこの作品で金像奨の最優秀男優賞を獲得するなど、大きくジャッキーをリードしました。

この2007年頃になると、中国市場全体の伸びや経済成長も相まって、1億元越えが年に10本以上出てくるようになってきます。その中でTOPを取るには3億元くらい叩き出さないと無理な状況に。

そこでついにジャッキーとジェットの夢の競演作『ドラゴン・キングダム』が2008年に登場します!

さすがに夢のプロジェクトとあって、ジャッキーのハリウッド作品ながら、あと一歩で2億元という好成績を残し、年間第4位に。自身の中国での興行収入記録を更新します。

しかし、今のところ、これがジャッキーにとって最後のTOP10入りとなってしまうのです。。。

2009年~ジャッキーNO.1ヒット作も通じず

翌2009年、内容的な問題から『新宿インシデント』が中国で上映禁止に。
同年公開された『カンフー・キッド』はゲスト出演の低予算映画のため、当然、興行成績は見込めず。

次の2010年は、3作品が公開され、最初の1本『ダブル・ミッション』は、各国同様に低調な結果に終わるも、2作目の『ラスト・ソルジャー』がヒット。しかし、TOP10入りは叶いませんでした。

日本でも、「ジャッキーチェン史上NO.1大ヒット!(中国公開の主演作中)」というキャッチフレーズで公開されたが、中国色の濃い内容に従来のジャッキー映画の影は薄く、結局ヒットしたのは中国のみとなってしまいます。

2010年の3本目は世界的に大ヒットを記録し、ジャッキー映画史上最高の興行収入を上げた『ベスト・キッド』でしたが、劇中での中国人の表現が問題視され大幅にカット。結局、散々たる興行成績に終わってしまうのです。

その頃、中国では「最後の本格派」といわれるドニー・イェン(甄子丹)が大ブレイク。前年に4位を記録した『孫文の義士団』をはじめとして、『イップマン』、『処刑剣 14BLADES』、『レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳』と、立て続けに1億元超えのヒットを連発していました。

また、この年公開されたハリウッド大作『アバター』が中国でも大ヒット。過去の記録を大幅に塗り替える13.5億元という驚異的な興行成績を残しました。

2011年~本気のジャッキー!いよいよ出陣!

その後中国での活動をメインにし始めたジャッキーは、中国の歴史映画『1911』に取り掛かりながら、その合間に『新少林寺』にゲスト出演。

奇しくも、主演作ではなかった『新少林寺』は2億元を越える興行収入を出すも、自身で総監督まで務めた『1911』は51位という大惨敗を喫してしまうのでした。。。

この2011年には3D映画がヒットの主流となり始めていて、TOPは『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』。前年の『アバター』に引き続き、10億元越えを達成します。

またジャッキーとは対照的に、初の3D武侠映画『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』で、ジェット・リーが5億元越えを果たし、4位を獲得したのでした。

そして、いよいよ2012年。満を持してジャッキーが『ライジング・ドラゴン』をひっさげ、中国市場の制覇に臨みます!

これまでの状況は、『タイタニック3D』が、10億元に迫る興行収入を叩き出しTOPをキープ。
国産映画では『画皮2』が、中国映画としては史上最高となる7億元を突破し、総合2位につけています。

その他の作品としては、ジェットが出演している『エクスペンダブルズ2』が、2010年の前作を越える興行成績を残し、暫定11位に。

と、ジャッキー・チェンと中国での興行成績については、こんな流れで来ています。

はたして、この中でジャッキーはどんな記録を狙えるのか!? 気になるライバルは!?など、もう少し突っ込んで見て行きましょう。。。

下の図は、これまでの内容をざっくりと1枚の画像に詰め込んだモノになります。

ジャッキーチェン中国市場への17年間の挑戦図

年間興行成績TOPを狙う!

まずは、何とか奪取して欲しいのは、この「年間興行成績TOP」。
ジャッキーにとっては、1996年以来16年ぶりとなる栄冠です。

しかし、これまでも書いてきた通り、そうそう簡単には取れそうにありません。

ここで言うのはハリウッド映画なども含めた「総合」順位のことですが、強敵『タイタニック3D』がドーン!とTOPの座に居座っています。

では、現時点(2012年12月19日まで)の「2012年興行成績ランキングTOP10」を見てみましょう。
↓↓↓↓↓↓↓2013年1月24日更新↓↓↓↓↓↓↓

2012年の中国興行収入ランキング(~1/20時点)

コチラでもすでに公開されている作品が多いので、それぞれの詳しい説明は省きますが、3D作品、そしてハリウッド映画がズラリ。

今のところ国産(中国)映画では2位の『画皮2』がトップ。
ドニーさんも出演し、今年日本でも公開&リリースされた『画皮 あやかしの恋』の第2弾となりますが、チェン・クン(陳坤)、ヴィッキー・チャオ(趙薇)、ジョウ・シュン(周迅)の3大スターによる三角関係とあって2年ぶりに記録を更新した大ヒット作になります。

5位の『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』は、日本では2013年1月25日より劇場公開される、アン・リー監督によるアメリカ映画。
そして10位の『一九四二(原題)』は、フォン・シャオガン(馮小剛)監督による、1942年の大飢饉を描いた歴史大作で、この2本がともに11月公開で、まだ若干数字を伸ばす可能性があります。

予想としては、『ライジング・ドラゴン』は2位の『画皮2』、つまり中国映画TOPの位置を狙える7億元あたりまでは、行けるんじゃないかと予想されています。

う~ん、何ともゾクゾクしますね~☆

ところが・・・思わぬ伏兵が潜んでいたようです(–,) それについては次項で。。。

ジャッキーのライバル達

前項でご紹介したTOP10以外でも、正月映画として、まさに同時期公開となるジャッキーのライバル映画たちがこちら。
↓↓↓↓↓↓↓2013年1月24日更新(1/20までの統計)↓↓↓↓↓↓↓

  • 2012年『人再囧途之泰囧(原題)』

    2012年『人再囧途之泰囧(原題)』
    年間総合順位:1
    興行収入:12億5,610万元

  • 2012年『血滴子(原題)』

    2012年『血滴子(原題)』
    年間総合順位:54
    興行収入:6985万元

  • 2012年『大上海(原題)』

    2012年『大上海(原題)』
    年間総合順位:33
    興行収入:1億4,561万元

  • 2013年『一代宗師(原題)』

    2013年『一代宗師(原題)』
    年間総合順位:1
    興行収入:2億5,035万元

実は、目下『ライジング・ドラゴン』の最大のライバルと言えるのが、『人再囧途之泰囧』。(詳しくは、こちら

この作品はまさにダークホースと言える作品で、並みいる大作の中、低予算のコメディ作品として驚異的な興行成績をあげています。

公開はジャッキーよりも一足先に、12月12日より公開されていて16日までの5日間で「3億元」を稼ぎだし、週間興行収入TOPを獲得しています。

そして、いま現在(12月23日)も『ライジング・ドラゴン』と激しい興行合戦を繰り広げており、既にその興行収入は「6億元」を突破しているようです。

そのため、公開初週の週間TOPは現実的に厳しい状況となっています(;д;)
どうやら今後、はこの作品の興行収入も見守る必要がありそうです。

あとは、『ライジング・ドラゴン』と同日公開となった『血滴子(原題)』
ピーター・チャン(陳可辛)監督がプロデュースを手がけ、ホアン・シャオミン(黄暁明)をはじめとしたイケメンがずらり勢揃いしたる3D時代劇ですが、出だしの興行を観る限りでは、『ライジング・ドラゴン』を脅かす脅威とはならなそうです。

もう一本が、2日遅れの22日公開となったチョウ・ユンファ&サモハン共演の『大上海(原題)』
しかし、こちらも出だしの興行をみる限りでは、ライバルには成り得ないでしょう。

あと幸いだったのは、カーウァイ監督の話題作『一代宗師(原題)』の公開が、例の如くのびのびになり、2013年公開へずれ込んだこと。
これで、ライバルが一つ減ってくれました。

つまり、ジャッキーは『画皮2』の7億元をひとまず目標としながらも、『人再囧途之泰囧』と競り合っていく形になりそうです。

しかし、出来れば10億の数字を叩き出して『タイタニック』を撃沈して欲しいものです!!!!

夢は大きく!あわよくば『アバター』越えを!!

さて、もし2012年の興行成績ランキングを制したとして、その上は?というと、それは「中国公開映画・歴代ランキング」になるワケですが、こちらはかなりハードルが高いです。

2010年中国公開のバケモノ映画『アバター』を倒さねばなりません。その興行収入なんと約14億元!ジェームズ・キャメロン恐るべし!

その前にも、現在2位の『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の11億という壁もあります。

なんにせよ、まだ気が早いのですが、一応現時点での歴代ランキングを置いておきます。
↓↓↓↓↓↓↓2013年1月24日更新↓↓↓↓↓↓↓

今の中国市場の成長速度を考えると、たとえTOPを獲得しても、その後の作品に越されることは間違いないでしょうが、一時でもその栄光をジャッキーに掴んでもらいたいですね☆

このあたりは、ランクインが現実的になってきたら、また追記しようと思ってます。


はたして、1996年以来16年ぶりとなる中国市場の制覇は成し遂げられるのか!

以前と違い、今はハリウッド映画がこぞってドル箱市場に作品を送り込んでいます。
しかも今年は総合TOPへは10億元という途方もない数字が必要。
さらに、中国映画でも歴代記録を塗り替えた『画皮2』という強力なライバルが存在する2012年の中国市場。

昨年ジェットが5億元越えを成し遂げてますので、まずはそこをクリアして、TOPを目指してもらいたい!期待して見守りましょう(^▽^)/


『ライジング・ドラゴン』興行成績速報

中国の興行成績はソースによって数字にバラつきがあります。数字の正確さよりも速報性を重視していますので、日々の興行収入合計と累計は合わないことが多いので参考程度に。週の成績はほぼ正確だと思われます。

全世界の興行収入一覧は、★★コチラ★★からどうぞ!!!

『ライジング・ドラゴン』の日々興行成績情報

2013年3月6日
韓国では強敵の国産大作映画がひしめく中、公開スクリーン数が少ないにもかかわらず健闘中。2/27公開以来の日々順位は、5→6→6→6→4→5→6位で、初週は6位で、3日までの興行収入は139万USドルとなりました。
2013年2月16日
ロシア3週目は14日までに累計840万USドル。今週末で900万USドルに到達しそうです。1位はおそらく『ダイ・ハード/ラスト・デイ』になりそうです。
2013年2月13日
フィリピンでの2週目も圧倒的な成績で連続首位をゲットです!累計は約155万USドルに☆ 
2013年2月12日
ロシアでの2週目は230万USドルで先週に引き続きTOPを獲得!累計は既に770万USドルとなりロシアでの中国映画歴代最高となっています。
2013年2月9日
先月末から公開しているロシア。第2週目の週末に突入しますが、現時点での予想では『レ・ミゼラブル』に僅差で2週連続のTOPと予想されているようです。
2013年2月5日
フィリピンでもロシアに引き続きTOPでスタートしたようです☆オープニング成績は88.5万ドルで、すでに21万人が鑑賞したようです!
全世界興行収入は1億6,300万ドル(約153億円)に達しました!!
2013年2月4日
1/28~2/3の中国週間興行成績は485万元でした。累計では8億7,485万元のようです。
2013年2月3日
中国本土の興行収入は8.8億元間近。
ロシアの初週(オープニング)成績は435万ドルでTOP。これは中華圏歴代最高の数字で、はじめて中国映画がロシアの週間興行成績でTOPを獲る快挙となりました。ジャッキー映画としても『ラッシュアワー3』を抜き、自己最高の『ベスト・キッド』最終興収510万ドルを早くも抜く勢いです☆
全世界興行収入も既に1.6億ドル(約149億円)に達し、『グリーン・デスティニー』の世界興収2.13億元を抜くことが期待されています。
2013年1月31日
この日からはロシア、ウクライナで公開開始。ロシアでの初日興行はステイサムのパーカーを抑え、58万ドルで首位をゲット☆1000万ドルの大台目指して好発進!初週末の興行収入は466万ドルでTOPと予想されているようです。
2013年1月30日
26日から公開が始まったエジプトでは、初週わずか2日間の集計ながらも3位でスタート。これまでの世界興行収入は1億5,500万ドル(約141億円)に☆
この日から公開のフィリピンでは、なんと135劇場での拡大公開!
2013年1月29日
中国で106万元。
2013年1月28日
中国で98万元。累計は8億7300万元に到達。
1月21~27日の中国週間興行収入ランキングでは約1260万元で5位。
2013年1月27日
中国で149万元。
2013年1月26日
中国で154万元。
2013年1月25日
中国で133万元。累計では8億6,800万元に。ベトナムでは現在162万ドルで2012年公開映画の第5位。中国映画では歴代TOPに。
2013年1月24日
中国で154万元。
2013年1月23日
この日は203万元。中国での興行が落ち着いてきたので、この辺で中国での興行を振り返りつつ各地の情報を。
アラブ首長国連邦では52スクリーンで上映が開始され、初週1位、第2週3位で既に100万ドルを突破。レバノンでは2週連続のTOP。
ベトナムやマレーシアでは公開以来4週連続で1位を獲得。シンガポールも含め中国映画として最高の成績を収めています。
現時点で26の国と地域でリリースが予定されており、わかっている範囲内だけで1億5400万ドルの興行収入を上げています。
今月末に公開されるロシアでは600万ドルの興行収入は固いと見られており、中国映画の記録を作ると期待。また来月21日にはインドネシアでは20都市以上118スクリーンという最大規模の公開が予定。2月末にはクォン・サンウの母国韓国で、4月には日本、第2四半期にはアメリカやヨーロッパでの公開が控えており、過去10年で海外で最も高い興行成績を収める中国映画になることは確実視されています☆
2013年1月22日
200万元。
2013年1月21日
中国では「007 スカイフォール」が公開開始。初日2900万元でTOPに。それ以外の作品は全体的に大幅に下降し、ライジング・ドラゴンは190万元。
2013年1月20日
中国公開32日目は約1000万元。累計8億5800万元(約122.5億円)に。
全世界での合計は1.5億ドル。
1月14~20日の中国週間興行収入ランキングでは約5000万元で3位。
2013年1月19日
中国公開31日目。945万元で3位。累計では8億4800万元(約120億円)に。
2013年1月18日
中国公開30日目。650万元で3位。累計では8億3800万元(約120億円)に達しました。この日も1位は『快楽到家』、2位が『一代宗師』。
ベトナムの週間興行収入では、4週連続でTOPを獲得。ベトナムでの累計は154万ドルに。
中東地区のアラブ首長国連邦、ヨルダン、レバノンでも全て1位を獲得しています。
2013年1月17日
中国公開29日目。520万元で3位。この日も1位は『快楽到家』、2位が『一代宗師』。
2013年1月16日
中国公開28日目。520万元で3位。この日も1位は『快楽到家』次いで、『一代宗師』が2位となっています。中国以外での前週までの興行収入はこちら↓
今月4日から公開されているインドでは20都市118スクリーンで公開。これは『ホビット』の157スクリーンに匹敵する規模となっています。
また、今月31日からはロシアでの公開を控えていますが、事前予想では600万ドル以上で、ロシアでのジャッキー映画最高興行収が見込まれています。(これまでの最高は『ベストキッド』の510万ドル)
2013年1月15日
中国公開27日目。650万元で3位。この日からコメディ映画『快楽到家』が公開され、『一代宗師』に並ぶ好成績を収めています。
シンガポールでは先週末は4位だったようです。
2013年1月14日
中国公開26日目。700万元でこの日も2位の座をキープ。累計は8億1500元。TOPは『一代宗師』が1100万で7日連続の首位、3位は『泰囧』414万元。
中国での4週目となる週間興行収入ランキングで2位を獲得。
マレーシアでは1/10~13の週末興行収入ランキングで『アバター』、『アベンジャーズ』に並ぶ4週連続TOPを達成!!最終的には650万ドルを越えると見込まれています。
レバノンでは初日首位に引き続き、初週の週末興行収入ランキングでもTOPを獲得!
全世界興行収入は既に10億元(約1.6億USドル、142億円)を突破し、近年の中国語映画では最も良い興行成績を収めています。
2013年1月13日
中国公開25日目。1400万元でこの日も2位。累計はついに8億元を突破!(8億400元)TOPは『一代宗師』2800万、3位は『泰囧』920万元。
2013年1月12日
中国での興行24日目。1700万で2位となり累計興行収入は7.9億元。『一代宗師』はTOPで3700万、『泰囧』は1150万で3位だったようです。
シンガポールではすでに『イップマン(葉問2)』を抜いてアジア映画(国産映画除く)の歴代興行成績TOPになっています。
また、1/4~1/6の【全世界】週末興行収入ランキングでなんと3位に!しかも7か国での上映☆
これからロシアやアメリカでの興行も控えてますので、中国映画全世界興行収入歴代TOPを獲れるかもしれません!
2013年1月11日
興行23日目。この日も2位で1011万元、累計は7億7240万元に。1位の『一代宗師』は2347万元で1億元目前。3位の『泰囧』は12億元目前です。10日からは、クウェート、アラブ首長国連邦、レバノンなど中東地域での公開がはじまっています。なかなか情報が得にくい地域ですが、レバノンでは初日首位。ドバイでは9つの劇場で公開され、中国映画の歴代興行収入記録を更新すると期待されています。
2013年1月10日
865万元で、興行22日目にして未だ2位をキープ。累計では7億6500万元に達しました。
2013年1月9日
興行21日目。前日公開『一代宗師』が2300万元でTOP。ライジング・ドラゴンは850万元で2位。累計は7.55億元に。
中国以外の各地の興行成績です。タイでは近年の中国映画で最も良い成績を収め、マレーシアでは最終的に1,100万ドルを超えるのではと言われています。また、今後公開されるインドネシアなども含め東南アジア全域で1,500万ドル以上の興行収入が見込まれています。
その他、台湾では59万ドル、ベトナムでは135万ドルを稼いでおり、中国を含めた全世界で早くも1.35億ドル(約119億円)の興行収入を上げています。
10日にはアラブ首長国連邦、末にはフィリピンやロシアでも公開がスタートし、よりヒットが拡大していくと思われます!
2013年1月8日
興行20日目となるこの日は約1,000万元。同日公開の『一代宗師』(約3000万元)に首位を明け渡したものの、2位。累計は7.4億元に。
2013年1月7日
9日連続でTOPをキープ!1,100万元で累計は7.3億に達しました。
これで晴れて『画皮2』の7億2,640万元を抜き、中国3D映画歴代TOP、中国映画歴代2位、2012年総合3位に☆
そして注目のカーウァイ監督『一代宗師』が公開されるので、単日TOPは厳しくなりそう。『一代宗師』初日興行予想は2,000万元だとか。
マレーシアでは3週目もTOP。このままいけば2012年マレーシア興行成績ランキングの総合2位まで狙える勢いです!
あと昨日とは数字が若干違いますが、3週目の中国興行成績ランキングを再度↓
2013年1月6日(2)
ライジング・ドラゴンにとっては3週目となる、12/31~1/7の中国週間興行成績が判明しました☆
やはり3週目は堂々のTOPを獲得したようです!
2013年1月6日
8日連続の単日TOP。ということは次に発表される週間興行収入(31日~6日)ではTOP確実ということですね。1,760万元で7億1660万元ほどとなったようです。
※『画皮2』を抜いて歴代中国映画2位にという報道もあるようですが、2種類ある『画皮2』の興行収入データ(7.02億と7.26億)のうち、当サイトでは後者を採用しているので、記録更新は明日に。
2013年1月5日
昨日も中国市場は大きく冷え込んだ模様。おそらく1550万元ほどと思われますが、それでも7日連続で首位の座をキープ。累計では7億元目前です。いよいよ『画皮2』を射程内に捉え、歴代中国映画第2位となるのも時間の問題となりました!
他地域の2週目も好調で、シンガポールでは2週連続の首位。さらにこれまでの中国映画記録である『葉問(原題:葉問2)』の329万ドルを抜くのはほぼ間違い無さそうです。
また、マレーシアでも2週連続の首位をキープ。すでに、これまでの中国映画記録だった『ミラクル7号』の369万ドルを抜き歴代TOPに。さらに『ベスト・キッド』の422万ドルも抜いてマレーシアでのジャッキー映画最高記録も更新しました☆
2013年1月4日
6日連続の首位で2,300万元。2位の『泰囧』は1600万元でした。
この日の興行で歴代総合7位。歴代中国映画4位にランクアップです☆
2013年1月3日
この日も5日連続TOPをキープ。約3,000万元の興行収入で累計は6.5億元を突破。
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』を抜いて歴代興行成績第8位に(中国映画では第5位)。また、2012年ランキングでは第4位、中国映画では第3位となっています。
中国以外の各地での初週興行収入が判明しました。
台湾でもジャッキー映画としては過去最速のヒットを記録。
2013年1月2日
4,500万元で4日連続の単日TOP。累計6億1,000万元に。これで歴代10位にランクイン!
2013年1月1日
この日も単日TOPで5,300万元。累計ではあと少しで5億8,000万元に。
これで2012年ランキングの第5位に☆
マレーシア、タイ、シンガポールでの初週成績です↓↓↓↓すべてTOP!
2012年12月31日
2012年最終日は、4,000万元の『泰囧』を2日連続で抑え、4,100万元!累計で5億1,600万元に。『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』の5億4,000万元を明日には抜きそうです!
2012年12月30日
この日は4,505万元で累計は4億7800万元に到達したようです。現在2012年ランキング8位に。
公開2週目となる12/24~30の週間興行成績は2億6,250万元で、1位『泰囧』の2億6,830万元にわずかに及ばず!2位となりました。
2012年12月29日
10日目の29日は4,020万元のようです。累計で4.3億~4.5億元ほどに。
2012年12月28日
2,850万元。累計で3億8,200万元。2012年のランキングTOP10入り!
2012年12月27日
3,000万元ほど。翌日から2D上映開始。これから年末年始に向け、ますますヒートアップすると言われてます!
2012年12月26日
3,200万元。ちょっとこれまでより低めですが、ライバルの『泰囧』も3,300万元なので日程的なものかもしれません。これで2012年の興行成績ランキングのTOP30にランクイン!すぐ上の『エクスペンダブルズ2』を翌日に抜くのは確実となりました。現地予想では6億元は確実視されてるようです。
2012年12月25日
この日も4,300万元ほど稼ぎ、興行6日目にして累計3億元を突破!!!
12/17~23の週間興行成績ランキングが出ました。「ライジング・ドラゴン」は第2位☆
1位の『泰囧』とともに、圧倒的な数字ですね!
2012年12月24日
4,300万元の興行を上げ、累計で2.5億元に。シンガポール、マレーシア、タイでも大好評のようです。
2012年12月23日
5,800万元。公開4日目にして、累計2億1,420万元に。
これまで中国で公開された「ジャッキー主演作中、最高記録」を更新!(『ドラゴン・キングダム』1億8,650万元、『新少林寺』2億1,030万元)。初週の興行成績では、『画皮2』、『泰囧』に次いで中国映画としては歴代3位に。
2012年12月22日
初の週末突入!6,500万元で、累計1億元突破!相変わらず大盛況☆
2012年12月21日
4,700万元。
2012年12月20日
いよいよ中国公開!初日で4420万元(約6億円)の興行収入を上げ、「中国公開の正月映画で初日の最高記録」を樹立!
2012年12月19日
ライジング・ドラゴン公開前日。下図は参考までに前週の週間興行成績ランキングです。

『ライジング・ドラゴン』の世界興収一覧

ジャッキー・チェン『ライジング・ドラゴン』全世界興行成績


これまでにも、関連記事を書いていますので、もしよろしければそちらも合わせてどうぞ☆

※本記事では表面的な興行成績についてしか書いていませんので、もし詳しく中国のメディア事情をお知りになりたい方は、JETROが公開している、中国コンテンツ市場調査 (6分野)がオススメです。

※ちなみに、中国の興行成績については、ソースによって数字が違うことが多いので、真偽は何とも言えません。今回の記事作成にあたって、あらたに調べ直したので、以前の記事とは違う場合もありますので、ご了承くださいm( _ _ )m

ジャッキー・チェン『ライジング・ドラゴン』TOPページ

カテゴリ: ライジング・ドラゴン, 興行成績.


61 件のコメント

(この記事のコメントの RSS を購読する

  1. ビックムーン says

    二回目は吹替えで鑑賞。吹替えの方がテンポが良く感じ
    良かったですね~。ダイビングシーンは何度も見たくなり
    ます。ところで日本の興行は3億円あたりで落ち着きそう
    ですね。ちょっと残念な結果。いまさらですが、あのラッシュ
    アワーシリーズのブレットラトナー製作とか大きく打ち出し
    てみたら反応違ってませんでしたかね?次の楽しみは
    全米公開と米国版の編集違いです!

    • kungfufan says

      ですね!
      私もやっぱり吹替えが良いと思います。

      日本…(^_^;)

      国際版の編集、気になりますね~。
      楽しみです♪

  2. JVH says

    「ライジングドラゴン」、さすがジャッキーでしたね!

    「エクスペンダブルズ3」は、8月から撮影予定という情報がありました。

    chanさんの情報で見ましたが、「スキップトレーサー」の撮影始まったのですか!
    他キャストや監督は、誰でしょうか?

    • kungfufan says

      ライジング・ドラゴン良かったですね!

      新作はどうなんでしょうね。
      私が調べた限りでは見つからなかったですが…
      chanさんの回答を待ちましょう♪

  3. ビックムーン says

    週末の興行なかなか好調のようですね。
    5位内には入ってほしいです。
    ①ドラゴンボール、②ドラえもん、③ライジングドラゴン、
    ドラドラドラか!?

    • kungfufan says

      そうですか、良かった♪
      それにしてもドラドラドラとは(笑)

  4. JVH says

    今週末からの「ライジングドラゴン」の公開で、ワクワクドキドキしています。

    完成した作品「ポリスストーリー2013」も楽しみです。

    あと、予定では、今月から久々のハリウッド映画「スキップトレーサー」撮影の為にアメリカに赴くのですよね?
    この作品は、ジャッキーが製作・主演で、探偵を演じるアクションコメディと聞いています。
    続報がないので、延期とかにならなければ良いのですが、、、。
    個人的には、「ラッシュアワー4」の撮影になるのではないかと。
    一応、今年秋からは「エクスペンダブルズ3」が撮影開始になってますし。
    「ベストキッド2」は来年撮影になってますもんね。
    「スキップトレーサー」は撮影されますか?

    • kungfufan says

      JVHさん、こんにちは。

      公開や製作がたくさん控えているとホント楽しみですよね♪
      具体的な続報はありませんが、先日、日本の取材陣がジャッキーの元を訪れた際の
      インタビュー(「語れ!ジャッキー・チェン」に収録)でも、「SKIP TRACER」の
      タイトルこそ挙げられませんでしたが、現在準備中であると語られていました。
      ただ、これまでもその後消滅した作品も多いので安心はできませんが、
      個人的には大丈夫な気がします。(タイトルは変わる可能性ありますけど)
      ただ、「ラッシュ4」についてはどうなんでしょうかねぇ・・・
      「エクペン3」と「ベストキッド2」は実現する可能性が高いと思います。
      まずは「ライジング・ドラゴン」を日本でヒットさせ、欧米でも成功を収めて欲しいですね。
      そうすれば、そういった待機作品の製作も加速すると信じてます☆

  5. chan says

    いよいよ来週から日本での公開が始まりますね。
    私の予想では週末2日間で2億円以上を予想しています。
    今回は来日も無し、宣伝も薄いのですが
    ライジングドラゴンの海外での興行ぶりや評判、
    沖縄国際映画祭グランプリ受賞もあって
    日本でも10億円の興行が期待できます。
    とにかくスタートが肝心ですね。
    1位はどうでしょうか。例え2位でも3位でも
    最終的に興行が10億円の大台を突破出来れば私は良いと思います。

    • kungfufan says

      この公開規模でそれぐらい行けば上々ですね♪
      今回はファンだけじゃなくて、幅広い人に観て欲しい作品です☆
      あとファンの方は繰り返し行く人が多い気がします。
      私も最低でもあと2回は観に行きます!

      • chan says

        いよいよ公開開始ですね。
        東京は全般的に予約も結構入ってますね。
        何とかオープニングで頑張って欲しいですね。
        私は初回を吹替えで見てきます。(東京某所)

        • kungfufan says

          ですね!
          もうここまで来たら作品を楽しみたいと思います!
          私も今日は吹替え初鑑賞です!!

          • chan says

            日本でのオープニングは4位でしたね。
            公開規模からすれば頑張ってますね。
            ただ公開規模による興行がやはり伸びず
            1週目は約1億円程度でしたね。これが400館とか
            500館の規模だと3倍~4倍となります。
            ずばり日本での興行は予想で3億円程度でしょう。
            10億円の大台にいかす土俵は無かったので仕方ないですね。
            アメリカではグランドマスターが8月に公開されますが
            ライジングドラゴンは未だに未定です。
            社会情勢が影響していて伸びる感じもします。
            ジャッキーはアメリカの友人と撮影に入った模様です。

          • kungfufan says

            これでも配給さんの予想を大分上回ったようですからね、
            一体どのくらい低く見積もってたもんだか…

            グランドマスターは日本でも力入ってますね。
            ライジング・ドラゴンの欧米公開も気になります。

            撮影はもう始まったのでしょうか。
            まだキャスティング段階だと思ってましたが。

  6. chan says

    韓国での低迷も残念でしたね。
    やはり長年人気のあった国は難しいのでしょう。
    香港・台湾・韓国と。日本の近年の興行もそうですしね。
    日本はこれからなので頑張って欲しいのですが劇場数が少なすぎです。
    現状では当たっても2~3億円程度の興行になってしまうでしょう。
    ジャッキーブームが来るのが遅かった国は当たってますからね。
    これから全米・欧米などではそこそこ当たるとは思いますが。

    • kungfufan says

      劇場数増えませんね・・・
      韓国も少ないようですし。
      ただ日本はこれからかなり盛り上がってくると思うので
      マイナスな考えはあまり持たないようにしてます!!(^^)

  7. chan says

    本土ではチャウシンチ―の西遊が予想どうりの
    1位で初日7000万元突破で10億元視野が決定になりました。
    彼はコメディー映画は得意なので当たるのは確実ですね。
    泰囧は全米でも公開され27館で約2万ドルの興行でした。
    この映画は完全に中国人向けなので欧米では当たらないでしょう。
    ジャッキーのライジングドラゴンは全米ではまだ詳細が出ていません。
    現在アジア地区(日本以外)で約1億7000万ドル(米ドル)を稼いでいるので
    是非、全米・欧米で1億ドルは稼いで欲しいですね。
    世界興行が3億ドルいけばジャッキーも満足でしょう。
    日本は劇場が140館になったのでもう少し伸ばしてもらい
    約250館位の規模での公開を望みます。
    日本でも10億円以上の興行が必要ですからね。
    ロシアは先週で約700万ドルはいったようです。
    1500万ドル以上はいけるでしょう。
    蛇拳やらず歌でしたね。残念・・。

    • kungfufan says

      すごいですね、シンチ―人気は。
      初日記録で『画皮2』抜いたみたいですね。
      「ライジング・ドラゴン」の欧米での公開規模は相変わらず不安ですが、
      まずは日本での興行を成功させなきゃなりませんが、
      公開数はさすがに250は無理そうなので、180ぐらいでしょうね。
      私も微力ながらなんとかしようと地道に活動中です。
      ロシアに続いて韓国でも成功して良い流れで日本に来てほしいです☆

      • chan says

        シンチ―はコメディー監督としては天才ですね。
        ただ自身の俳優活動はもうしないとか。監督業に専念ですかね。
        日本では何とか200以上いって欲しいです。
        今の日本の興行のシステム上で200館以上の公開でないと
        10億円以上の興行は難しいのです。特に洋画は。
        ロシア2週目はどうですかね?
        でもあちらではサンダ―アーム3なんですよね。ユニバーサルが権利持ってるのでしょうかね。

        • kungfufan says

          たしか俳優業卒業はまたマスコミの誤報だったようで
          本人が否定してましたね。西遊の続編では出演も示唆してました。
          ライジング・ドラゴンの公開劇場数、なんとか200行って欲しいですね。
          あとロシアは権利元は前作と違うけど「3」としての公開にOKが出たみたいですよ。

          • chan says

            日本の興行システムは今は公開規模で結構決まってしまいます。
            ベストキッド同等を願いたいです。
            ロシアの3は驚きですよね。ジャッキーは確か自分が権利買える位の財力があれば
            と言ってましたが日本では元々サンダ―アーム2でもなかったし変わりませんがね。
            ロシアの2週1位は凄いですね。
            後は全米規模が気になりますね。

  8. chan says

    ロシアでは評判が良く初日も1位で週末1位は確実ですが
    フィリピンが公開してない?感じがするのですが。
    情報がまるでありません。
    伸びたのでしょうかね?
    日本の劇場公開数が70館程度とは少なすぎで
    最低200以上で公開しないと興行も10億円以上は無理です。
    予告や宣伝もまだ全然してませんし本腰を入れてもらいたいですね。
    全米や欧米以外で2億ドル(米)以上の興行が出来れば
    世界興行も3億ドルを期待できます。
    全米も1億ドル以上のの興行を狙ってますから。日本頑張れですね。

    • kungfufan says

      すいません、その辺りの状況はtwiiterでは日々呟いていたのですが
      最近このページの更新をさぼってまして・・・
      フィリピンでは135劇場で公開です。
      https://www.facebook.com/notes/abs-cbn-film-productions-inc-star-cinema/chinese-zodiac-now-showing-in-cinemas-nationwide/10151342760236839
      ちゃんと公開されてるみたいですよ。
      (例:フィリピンの劇場での本日上映時間)http://www.clickthecity.com/movies/theater/553/sm-valenzuela-cinema-3

      日本ではまだ増えるみたいです。
      一応200というのも有り得ない数では無さそうですが、どうなるか気になりますね。

      全米では1億ドル狙いですか。
      また小規模での公開なのかな?とちょっと不安もあったんですが、期待出来そうですね。

      • chan says

        フィリピンのヤフーってまるっきり載ってないのが変ですよね。
        ロシアはちゃんと出てるのに。。

  9. JVH says

    ジャッキーの最近の発言は、今後のハリウッド映画に影響ありそうですね。
    せっかくスタローンがジャッキーとのバディ・ムービーのために脚本を書き直している「エクスペンダブルズ3」や、
    クリスタッカーとの「ラッシュアワー4」や、
    ウィルスミス製作の「ベストキッド2」などなど、、、
    製作が危うくなりましたね、、、。ハリウッド映画だけで10作品ぐらいオファーがあるのに、、、。

    そんなジャッキーですが、命懸けアクション引退を撤回しましたね!
    まあ、ジャッキーが乗り気なら良いのですが、最近になり、中国映画の予定がいろいろ出てきましたね!
    今は「ポリスストーリー2013」を撮影中です。3月まで撮影予定です。
    2014年作品の映画には「新酔拳」。
    いつかは分かりませんが、ゴールデントリオ共演作や、30年近く構想の「ファイヤーマン」など。
    ワクワクしますね。
    おととし秋に言っていた「プロジェクトA3」が日本(東北)で撮影が実現してほしいです。

    命懸けアクション引退を撤回したのは、「ライジングドラゴン」が中国で大ヒットしたからが理由みたいですね。

    • kungfufan says

      次回作が目白押しなのは楽しみですね~♪
      出来れば年に2~3作のペースで量産してくれればもっとウレシイのですが(^^)

  10. ビックムーン says

    kungfufanさん、毎日の更新おつかれさまです。
    ちょっと言わせてください・・、
    「ジャッキー!大ヒット、やったね!」
    レッドブロンクス全米1位の時ぐらいうれしいです。
    日本でも再びこんな光景が見たいな~。。。

    • kungfufan says

      やりましたね♪
      日本でも…観たいですね~☆
      プロモーションに期待しましょう(^▽^)/

      • chan says

        今日で本土で8億元突破になりますね。
        最終予想は8.5億元~9億元ですね。
        10億元はちょっと厳しいですね。
        しかし、またもやジャッキー発言が。。
        アメリカでかなりの影響があり
        まずい感じが。。
        どうしちゃったのでそうかね。
        エクスペンダブルス3やラッシュアワー4や他ハリウッド映画も
        微妙な感じに。。
        中国でヒットしたから強気になってしまったのかも。

        • kungfufan says

          まぁ、良いんじゃないでしょうかね(^_^;)
          例の如く発言の「真意」はわかりませんし、
          それで作品自体が変わる訳でもないので。
          ただ、作られるはずだった作品が作られなくなるのだけは
          避けたいところですけどね。
          それよりも私はイチイチ鬼の首を獲ったように
          取り上げるマスコミの方に苛立ちますけど。
          いつも通り、私のジャッキー観には何ら影響ありませんし
          知らない人、知りたくない人もいると思うので、今回もスルーです(^^)

          • chan says

            予想どうり本土では約9億元の興行ですね。
            アジア全土でもヒットしてますしね成功ですね。
            後は香港と同じにならないでほしい日本ですね。
            欧米やヨーロッパでも人気があるのでヒットすると思います。
            次回作「警察故事2013」は題名がpolice story2013ですね。
            ゴールデンハーベスト時代の作品の続編は作っても全て同じ名前は使えません。
            権利があちらにあるからです。ジャッキーもそこまで財力使って使わなくてもという
            考えがあるので。ライジングドラゴンもそうですね。
            エクスペンダブルズ3は秋から撮影らしいですね。

          • kungfufan says

            各地でのヒット、嬉しいですね☆
            警察故事2013の次はハリウッドの方で動きがあるようなので、
            ライジング・ドラゴンの日本公開後も楽しみが続きそうで
            楽しい1年になりそうですね♪

  11. ビックムーン says

    10億元も夢ではなさそうですね!いけ~~!
    やっぱりジャッキースタイルが受けるという
    ことで、別な意味でジャッキー悩みそうですが(笑)。

    • kungfufan says

      ジャッキースタイルが受けるというのは、
      私たちファンにとっては嬉しいことなんですけどね(^_^;)
      危険なスタントを封印してもJCスタイルの映画は作れると思うので
      ぜひその路線で行って欲しいですね。

      • chan says

        4日現在で本土7億元突破との情報も。
        早くも本土での予想が出ていて8.5億元以上となっていて
        実際にはまた週末で2日間で約8000万元前後が確実で
        次週平日が5日間で1.5億元前後いけば来週末も合わせて
        10億元突破が達成されます。

        • chan says

          中国の情報も難しいですよね。
          5日が3700万元だそうです。
          もう7億元超えてますね。

  12. chan says

    取りあえずは4億元突破し、今週末で5億元を目指したいですね。
    IMAX版の本土週末記録だそうですね。

    • chan says

      土曜は本土で2位で4020万元でした。
      1位は4030万元で泰囧です。
      もう抜けそうな気がしますね!
      ジャッキーの方が勢いがついてますね。

      • kungfufan says

        おぉ、そうですか。
        正確な情報ありがとうございます。
        あと1週間ぐらいが山場ですね!

        • chan says

          香港でも日中の動員を観てますが4位でも1位のレ・ミゼラブルとの差が1万人程度なので
          当初のよりジャッキーの方が安定していて、なおかつ図太く動員を得てきている
          感じがします。2週で1300万香港ドルいけば、その勢いで2000万香港ドルも
          いくでしょう。3週以降が楽しみです。3000万香港ドル以上いけば昔の
          ジャッキー人気とほぼ同じです。
          意外と伸びてきているのかも知れませんね。レビュー見ても「兄貴の映画は最高。」
          みたいなコメントが多いので。

          • kungfufan says

            そうですか~すごいですね。
            やっぱり地元でもファンはまだたくさん居るようで安心しました☆

      • chan says

        30日は4505万元で1位になりましたね。
        2位に下がった泰囧は4373でした。
        いよいよ抜いたので快進撃が始まります。

        • chan says

          台湾でも28日から30日の3日間で記録的な大ヒットの様です。

        • kungfufan says

          おお単日TOPですか!
          でも泰囧すさまじいですね…

          • chan says

            このお正月の1日から3日で7億元近くいきますね。
            そうすれば最終的には10億元突破可能になります。
            良かったですね。
            ただアバター超えは難しいでしょうね。そこから3億元となると
            正月にめちゃくちゃ稼ぐかロングランしかないので。
            出来れば本土1位になって欲しいんですけどね。

          • kungfufan says

            10億ですか!
            ペース的に厳しいかな?とは思ってたんですが、
            もし突破出来たらスゴイですね!

          • chan says

            本土の1日・2日で1億元突破の快挙。
            単独も1位をキープ。
            いよいよ週間1位ですね。
            これでまた今週末もあり、かなり伸びますね。
            香港では動員が下がってきました。
            1000万香港ドルがいいとこですかね。残念です。

          • kungfufan says

            今週は週間TOP取れそうですね!
            来週からは「一代宗師」も始まるんで、もしかしたら
            ラストチャンスかもしれませんね。
            まだまだ稼いでほしいです☆

          • chan says

            香港では12月31日までで約800万香港ドルで
            現在約1000万香港ドルです。
            中国では私は10億元いくと思いますよ。

          • kungfufan says

            今週末なんとか数字が伸びるといいですね。
            10億元越えは今週末にかかってますね!

  13. バラージ says

     『HERO』をジェット・リーの映画というのはちょっと違うのではないでしょうか。あれはチャン・イーモウ監督の映画であって、中国の観客もチャン・イーモウが初めての武侠映画をオールスター・キャストで撮ったというところに食いついたんだと思います。そもそもジェットの単独主演ではありませんし。
     同様に『王妃の紋章』もチョウ・ユンファの映画ではなく、やはりチャン・イーモウ監督の映画。主演もまずコン・リーが先に来るのであって、チャン・イーモウとコン・リーの久々のタッグ作というのが目玉だったと思います。

    • kungfufan says

      ○○の映画というのは、あくまで私が描いた文章上、
      ジェット・リーを引き合いに出している流れで書いています。
      ヒットした要因はもちろん特定の俳優もしくは監督によるものでは
      ありませんが、記事の主題が違いますのでそのあたりは流してほしいところです(^_^;)

      もちろんイーモウ監督も、中国ではジェットと並ぶぐらいの興行実績がありますが、
      少しでもとっつきにくい興行成績の話題を簡単に(なってはいないと思いますが)
      書こうと思っていたので、ここでイーモウ監督にフューチャーするのも主題が変わってきますし、
      監督を話題に出すのであれば、シャオガン監督なども出さないわけにはいかなくなります。
      あくまでメインはジャッキーの中国での興行成績の流れ(というより十二生肖の興行成績)ですので
      ご理解下さい。
      『ドラゴン・キングダム』も本来はジャッキー映画ではなく、どちらかと言えば
      ジェットの企画にジャッキーが乗った形のジェット映画ですからね。

      ただ、あえて持論を言うならば『HERO』をイーモウ監督の映画というのにも抵抗があります。
      もちろんイーモウ監督あってのものですが、製作の6年前からジェットの起用ありきで準備されていた
      作品であって、脚本にも1年以上の時間をかけてジェットが携わっています。
      イーモウ監督の初武侠作品としての話題性ももちろんあったと思いますが、
      当時のプロモーションや売り出し方から見てジェット主演作としての扱いであったのは事実です。
      もちろん元々この映画を企画したのはイーモウ監督ですが、ジェットがいなければこの作品自体、
      世には出ていなかったはずです。資金集めも当時のジェット人気あってのものですから。
      もしかしたら文中にイーモウ監督の名前を出さずにジェットの作品としてご紹介したのが
      お気に触ったのかもしれませんが、ここではそういうことを述べたいわけではありませんので、
      それぞれの意見、記事を書き方があるということでご理解いただければと思います。

  14. ビックムーン says

    まずは大ヒットおめでとうございます!
    全米にもつなげてほしい!

    • kungfufan says

      やりましたね☆
      ライバルの絶好調ぶりも気になりますが、良かった良かった!

  15. chan says

    本土では4日で2億元を超えていますので
    7日間で3.5億元いくかがポイントになります。
    そうすれば2週目も7日間で2.5億元前後は堅いので
    2週で6億元突破になります。
    今の勢いから7日間で3.5億元はいきそうで
    2週目で軽く6億元突破しそうですね。
    3週目で8億元はいくでしょう。
    ずばり私は最終的に10億元いくと思います。
    しかしアバターの14億元超えは今後にかかります。
    どうせいならば歴代1位を狙いたいですね。

    • kungfufan says

      10億良いですね~。
      とりあえず『アバター』は置いとくとしても、
      『タイタニック』は捉えて欲しいですもんね。
      そして年間TOPをまず獲って欲しいです。

      • chan says

        香港でも発言問題や大御所のマンネリもあるので苦戦してますが
        2位~4位の間で頑張ってますね。
        トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2が強く1位をキープ中で
        常に日中3万人動員していてジャッキーも頑張って1万5000人位です。
        倍の戦いは辛いですね。でも頑張ってる感じです。
        昔だったら1位は当たり前でしたけどね。地元ですし。。

        • kungfufan says

          香港の興行成績も一応チェックはしていますが、
          私自身、今はあまり関心がないので、サイトには載せてません。
          世界興収への影響も微々たるものですしね。
          今後、もし時間に余裕が出来れば全世界での興行収入を載せるかもしれません。

          • chan says

            香港では1位はもう無理だと思いますが
            でも結構頑張ってますね。
            意外とジャッキーの映画は観たい人は多いんですよね。
            ジャッキーが昔の様に香港愛があれば元には戻りますが。
            今は本土の方が興行面でもマーケット的に良いですからね。仕方がない面も。。
            ゴールデンハーベスト経営の映画館もガラガラですね。
            ゴールデン時代は返還・ジャッキーのハリウッド本格進出と共に
            終ったのですね。
            でもそうとう香港には貢献してますよね。ジャッキー。
            ハリウッドでも貢献してますし。ジャッキーが現在までハリウッド産業に与えた影響は
            2000億円以上と言われています。ギャラだけで100億円はもらってますからね。
            これから先もありますし。

          • kungfufan says

            こちらでは、ああいう報道されると
            香港人みんな怒ってるみたいな印象になっちゃいますからね~。
            今となってはあまりにも中国と市場規模が違い過ぎて、
            ジャッキーだけじゃなくて皆中国をメインにするのもしょうがないですよね。
            今やジャッキーの映画館チェーンが中国で興行TOPですし・・・

          • chan says

            そうなんですよね。
            報道も大きく出ているだけで誤解も多いんですよね。
            世界的にも今や香港市場なんて逆に気にされてませんしね。
            中国、10億人市場の方がビジネスには当然適してますからね。
            今回、ジャッキーもすでに4億元の興行で7~8億元はいくでしょうから
            コストも十分に採算が取れ、世界興行、権利、公開後のDVDなどの利益で
            莫大な収益が入りますからね。
            ハリウッドも事実中国での大ヒットを理由にハリウッド公開を早めましたからね。
            政治的問題は別に娯楽産業はビジネス的に上手くこなす方がプロですよね。
            しかしジャッキーは今回上手く作れましたね。たいしたものです。。

1 2



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス