Skip to content

『ライジング・ドラゴン』-スタッフ・キャスト情報-



2013年日本公開のジャッキー・チェン最新作『ライジング・ドラゴン』のスタッフ・キャスト情報です。

キャストに関しては、正直あまり知名度の高い方は多くありませんが、格闘技や武術経験者が多数出演。そしてスタッフに関しては、ジャッキーのハリウッド成功の立役者ブレット・ラトナーをはじめとして、スタンリー・トン、フランキー・チャン、エドワード・タンといったジャッキー黄金期を支えたメンバーが再集結!かなり期待が持てる布陣となっています。

ライジング・ドラゴンWEBパンフレット-キャスト紹介
↑↑↑こちらの方が詳しく載っています↑↑↑

キャスト(CAST)

JC国際侠盗集団-アジアの鷹チーム+α

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan)  -配役:アジアの鷹(JC)

ジャッキー・チェン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

本作が最後のアクション大作になるであろうと言われているジャッキー。シリーズ3作目にして三度「アジアの鷹」を演じる。


■クォン・サンウ(權相佑/Kwon Sang-Woo )  -配役:サイモン

クォン・サンウ/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

日本でも人気の韓国人俳優。一時はマスコミに「ジャッキーの後継者」と取り沙汰された。ジャッキーからは「オッパ(女性が年上の男性を呼ぶときに使う言葉)」と呼ばれている。


■リアオ・ファン(廖凡/Liao Fan)  -配役:デビッド

リアオ・ファン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

硬派俳優として注目される中国人俳優。近年ではフォン・シャオガン(馮小剛)監督映画『狙った恋の落とし方。2(原題:非誠勿擾2)』に出演。


■ヤオ・シントン(姚星彤/Yao Xingtong)  -配役:ココ

ヤオ・シントン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

マカオでの最優秀新人賞受賞や金鶏百花映画祭では最優秀女優賞にノミネートされるなど、演技派として注目される29歳の中国人女優。
コチラの記事もどうぞ。


■ジャン・ランシン(張藍心/Zhang Lanxin)  -配役:ボニー

ジャン・ランシン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

北京体育大学卒業のテコンドーの使い手で、2004年には中国チャンピオンに。177cmと長身でスタイル抜群の26歳。コチラの記事もどうぞ。


■ローラ・ワイスベッカー(Laura Weissbecker)  -配役:女伯爵キャサリン

ローラ・ワイスベッカー/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

フランスの女優。フランス語、英語、ドイツ語、中国語を操るマルチリンガル。国際的な長編映画出演は今回が初。

その他の出演者

※以降の画像は『ライジング・ドラゴン』本編のものではありません。

■ユ・スンジュン(劉承俊/Yoo Sung-jun)  -配役:海賊

ユ・スンジュン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

ジャッキーの事務所に所属し、『ラスト・ソルジャー』にも出演した韓国人俳優。
ユ・スンジュンの画像ユ・スンジュンの画像ユ・スンジュンの画像ユ・スンジュンの画像


■アラー・サフィ(Alaa Safi)  -配役:禿鷹(トレジャーハンター)

アラー・サフィ/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

1984年生まれのフランス人俳優。7歳からテコンドーを始め、18歳で世界チャンピオンに。
タイで2年間の武者修行経験もあり、多言語を習得している。 アラー・サフィの画像(おそらく)


■オリヴァー・プラット(Oliver Platt)  -配役:ローレンス·モーガン(骨董品コレクター)

オリヴァー・プラット/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

カナダ出身の個性派俳優。1988年以降多数の映画に出演。


■ヴィンセント・ツェ(施祖男/Vincent Sze)  -配役:マイケル

ヴィンセント・ツェ/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

出演作は『インビジブル・ターゲット』、『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』、『奪命金』など。


■ケニー・ロー(盧惠光/Ken Lo Wai-Kwong)  -配役:海賊

ケニー・ロー/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

ジャッキー映画でもおなじみ。元フリースタイルのキックボクシングチャンピオン。ジャッキーのボディーガード兼トレーニングパートナー。


■チェン・ボーリン(陳柏霖/Wilson Chen Bo-Lin)  -配役:ウー・チン

チェン・ボーリン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

ジャッキーの息子ジェイシーの大親友である台湾出身の俳優、本作に友情出演。


■ケニー・G(Kenny G)  -配役:飛行機のパイロット?

ケニー・G/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

アメリカのサックス・ミュージシャン。パリでの撮影でカメオ出演したとの噂があったが、どうやら実現しなかった模様。


■ケイリー・ウッドワース(Cary Woodworth)  -配役:ココの仲間

ケイリー・ウッドワース/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

アメリカの俳優、シンガーソングライター。ドイツ語と中国語も得意で、多数の中国映画にも出演している。 ケイリー・ウッドワースの画像


■Pierre-Benoist Varoclier  -配役:レオン

Pierre-Benoist Varoclier/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

1983年生まれのフランス人俳優。7歳から演技を始め、経営学の修士号を持ち、
ハーバード大などで哲学を学んだという才人。


■ケイトリン・デシェル(Caitlin Dechelle/)  -配役:ケイティ

ケイトリン・デシェル/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

数々の大会でチャンピオンに輝いた経験を持つ女性格闘家。 公式サイトケイトリン・デシェルの画像ケイトリン・デシェルの画像


■Christian Bachini  -配役:不明

Christian Bachini/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

イタリア初のマーシャルアーツスターとも言われ、2009年に中国へ渡る。『イップ・マン(葉問2)』などにも参加。
公式サイト Christian Bachiniの画像Christian Bachiniの画像Christian Bachiniの画像


■Bo-Yee Poon(潘宝儿)  -配役:不明

Bo-Yee Poon/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

アメリカ出身で現在は中国在住でジャッキーの事務所に所属。元英語教師であり、現在はCCTVのニュースキャスターも務め、太極拳のインストラクターという多才ぶり。 Bo-Yee Poonの画像Bo-Yee Poonの画像Bo-Yee Poonの画像


■スティーヴン・ダシュ(Steven Dasz/梁元鋒)  -配役:カメラマン

スティーヴン・ダシュ/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

日本の忍術と合気道から武道を始め、現在ではクンフー、カポエイラほか多彩な格闘技を習得。スティーヴン・ダシュは双子の兄。2010年にはリュー・チャー・フィーと短編作品で共演を果たし、現在製作中のキアヌ・リーブス初監督作品『Man of Tai Chi』にも出演。 スティーヴン・ダシュの画像


■アンドリュー・ダシュ(Andrew Dasz/梅喜樂)  -配役:スペインのレポーター

アンドリュー・ダシュ/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

10歳からチャック・ノリスの影響で武道を始め、現在ではクンフーほか多彩な格闘技を習得。スティーヴン・ダシュは双子の弟。現在は香港在住。英語、中国語のほかスペイン語やポルトガル語も話す。 アンドリュー・ダシュの画像アンドリュー・ダシュの画像アンドリュー・ダシュの画像


■Stephane Girondeaud  -配役:セキュリティガード

Stephane Girondeaud/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

スタントマン兼アクション俳優。詳細不明だが、いくつかの作品に端役やスタントで出演経験あり。
Stephane Girondeaudの画像Stephane Girondeaudの画像


■エミリー・ギヨー(Emilie Guillot)  -配役:フランスのレポーター

エミリー・ギヨー/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

香港で活動しているフランス出身の女優。また、ドラマのディレクターやプロデューサーとしても知られている。


■ポール・フィリップ・クラーク(Paul Philip Clark)  -配役:ピエールのボディーガード

ポール・フィリップ・クラーク/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

イギリス生まれのポルトガル育ち。12歳で空手・キックボクシングから武道を始め、19歳の時に北京体育大学に入り2年間武術の習得に励む。以来、中国でサモハン、ミシェル・ヨー、アンディ・ラウなどとも共演を果たし現在に至る。『太極/Tai Chi 0』にも出演。 ポール・フィリップ・クラークの画像ポール・フィリップ・クラークの画像


■ラニ・ビーマク(Rani Bheemuck)  -配役:インドのレポーター

ラニ・ビーマク/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介


■Keoni Everington(華武杰)  -配役:競売人

Keoni Everington/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

11歳で武術を始め、テコンドー、ボクシング、太極拳、詠春拳ほか多くの武術を習得し、中国へ渡る。最近では『太極/ Tai Chi』に出演。 Keoni Everingtonの画像


■David Torok  -配役:マイケルのボディーガード

David Torok/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

アクション俳優。最近では『太極/ Tai Chi』に出演。公式サイトDavid Torokの画像David Torokの画像


■David Serero  -配役:ボディーガード

David Serero/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

フランスのオペラ歌手。その他にも映画やテレビ、CM、ミュージカルなど多方面で活躍中。公式サイトDavid Sereroの画像


■ミリアム・ブランカエル(Myriam Blanckaert)  -配役:フランスのメイド

ミリアム・ブランカエル/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

フランス出身の女優。アメリカの人気TVドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』にも出演。 ミリアム・ブランカエルの画像


■エマニュエル・レンツィ(Emmanuel Lanzi)  -配役:子分

エマニュエル・レンツィ/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

俳優・スタントマンとして多数の映画に参加。ジェット・リーの『ダニー・ザ・ドッグ』や、ミシェル・ヨーの『レジェンド 三蔵法師の秘宝』などにも出演。


■Olivier Sa  -配役:子分

■Jill Kelsey  -配役:レポーター

■Igor Darbo  -配役:フランスの警察官

■Pierre Boudard  -配役:海賊

■ワン・チンシアン(王慶祥)  -配役:クワン教授

■ジョナサン・リー(李宗盛)  -配役:仲介人

■浅野長英(耿長軍)  -配役:日本人の海賊

■Charlotte MacInnis(愛華)  -配役:ココの仲間

■ロザリオ・アメデオ(Rosario Amadeo )  -配役:ピエール

■ジョアン・リン(林鳳嬌/Joan Lin)  -配役:ネタバレ自粛(カメオ出演)

ジョアン・リン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

ジャッキーの奥様。金馬奨で最優秀主演女優賞を獲得するなど、林青霞(ブリジット・リン)らとともに「二秦二林」と呼ばれた人気女優だったが、ジャッキーとの結婚を機に完全引退。ジャッキーたっての願いで約30年ぶりにスクリーンに復活!


■スー・チー(舒淇/Shu Qi)  -配役:ネタバレ自粛(カメオ出演)

スー・チー/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

今や台湾・香港映画界を代表する国際派女優。ジャッキーとは『ゴージャス』で共演。アクション作品にも多く出演している。


■ダニエル・ウー(呉彦祖/Daniel Wu)  -配役:ネタバレ自粛(カメオ出演)

ダニエル・ウー/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

ジャッキーと共演した『香港国際警察/NEW POLICE STORY』で台湾金馬奨助演男優賞を受賞。その他のジャッキー映画にもよくカメオで顔を出し、プロデュース作品にも多く出演。近年は俳優として活動しながらも、スティーブン・フォン(馮徳倫)と映画製作会社を設立し『太極』シリーズを発表するなどマルチな才能を発揮中。


■バイ・ビン(白冰Bai Bing)  -配役:リリー(カメオ出演)

バイ・ビン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

ジェッキー・チェンプロデュースのテレビドラマ版『神話』でブレイクした人気女優。映画版でジャッキーが共演したキム・ヒソン(金喜喜)に似ていることから「小金喜喜」とも呼ばれる。ジャッキーとは『カンフー・キッド』や『新少林寺』で共演している。


■リン・ポン(林鵬/Lin Peng)  -配役:カメオ出演

リン・ポン/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

ジャッキーの『ラスト・ソルジャー』や『1911』に出演。近年では、ニコラスの『ブラッド・ウェポン – 逆戦』や『倩女幽魂』にも出演している。


スタッフ(STAFF)

出品・発行

■英皇電影影業有限公司(Emperor Motion Pictures)

■華誼兄弟(Huayi Brothers Media Corporation)

製作総指揮

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan)

■ブレット・ラトナー(Brett Ratner)

ブレット・ラトナー/『ライジング・ドラゴン』キャスト紹介

ジャッキーの『ラッシュアワー』シリーズで有名なアメリカの映画監督。2006年には『X-MEN ファイナルディシジョン』も手掛けたほか、人気TVシリーズ『プリズン・ブレイク』のプロデューサーも務めるなど、TVと映画、両方面で現在も精力的に活動している。


■ワン・チョンジュン(Wang Zhongjun/王中軍)

■アルバート・ヤン(Albert Yeung/楊受成)

出品人

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan)

■ワン・チョンジュン(Wang Zhongjun/王中軍)

■ワン・チョンレイ(Wang Zhonglei/王中磊)

■アルバート・ヤン(Albert Yeung/楊受成)

製作

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan)

■スタンリー・トン(唐季禮/Stanley Tong)

スタンリー・トン/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

スタントマン出身で『ポリス・ストーリー3』、『レッド・ブロンクス』、『ファイナル・プロジェクト』、『THE MYTH 神話』などのジャッキー作品で監督を務めたほか、サモハンのアメリカでのTVシリーズ『LA大捜査線/マーシャル・ロー』でもプロデューサー兼監督として活躍。


■バービー・タン(Barbie Tung/董韻詩)

■ワン・チョンレイ(Wang Zhonglei/王中磊)

■ウィリー・チャン(Willie Chan/陳自強)

監督

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan)

脚本

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan)

■スタンリー・トン(唐季禮/Stanley Tong)

■フランキー・チャン(陳勳奇/Frankie Chan)

フランキー・チャン/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

俳優・音楽家・製作者・監督、カースタントまでこなす多才な映画人。ジャッキー・チェンとは古くからあの友人で、サモハンとの付き合いも深い。特に音楽を担当した作品は数知れず、72年以降の10年間で300本以上の映画音楽を担当した。


■エドワード・タン(鄧景生/Edward Tang)

古くは、サモハンの『燃えよデブゴン7』、ジャッキーの『ヤング・マスター 師弟出馬』を始め、『プロジェクトA』、『スパルタンX』、『ポリス・ストーリー/香港国際警察』、『酔拳2』ほか多くのジャッキー・チェンヒット作の脚本を担当。ジャッキーとは97年の『ナイス・ガイ』以来の仕事となる。


ディレクター

■ン・マンチン(伍文拯/Ng Man Ching):撮影監督

■フランキー・チャン(陳勳奇/Frankie Chan):助監督

■ブラッドリー・ジェームス・アラン(Bradley James Allan):第2班監督

ブラッドリー・ジェームス・アラン/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

■Lemon Liu:第一助監督

■Joe Chan:第二助監督

■Marjorie Marramaque:第一助監督(フランス)

■Florian Thomas:第二助監督(フランス)

撮影

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan)

■ン・マンチン(伍文拯/Ng Man Ching)

■ウォン・ウィンハン(黄永恒/Wong Wing Hang)

編集

■ヤウ・チーワイ(邱志偉/Yau Chi Wai )

美術設計

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan)

■オリバー・ウォン(黄銳民/Oliver Wong)

アクション・スタント

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan):アクション指導

■ジャッキー・スタントチーム(成家班):アクション指導

■ブルース・ロウ(羅禮賢/Bruce Law):アクション指導、カースタント

ブルース・ロウ/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

香港スタント界の第一人者として爆破や火器を使った仕掛け、カースタントを専門とするスタントチーム「猛龍特技」を立ち上げ、武術監督も含め、今までに160作以上の映画に参加。


■ホー・ジュン(何鈞/hejun):アクション指導

■ブラッドリー・ジェームス・アラン(/Bradley James Allan):アクションコーディネーター

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan):スタントコーディネーター

■Yan Dron:スタントコーディネーター

■Joe Perez:スタント(滑車)

■Andrea Berchtold:スタント(滑車)

■Alexandre Cauderlier:スタント(滑車:フランス)

■Kevin Cauderlier:スタント(滑車:フランス)

■Patrick Cauderlier:スタント顧問(滑車:フランス)

■Pierre Bourdaud:スタント

■Max Huang:スタント

■ケニー・ロー(盧惠光/Ken Lo Wai-Kwong):スタント

■Andreas Nguyen:スタント

■Olivier Sa:スタント

■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan):スタント

■ジャン・イヴ・ブロンド(/Jean-Yves Blondeau)/通称:ローラーマン:ローラー・シーン・コーディネイター

ジャン・イヴ・ブロンド/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

フランス出身の42歳。ローラースーツの開発も手掛け、ローラーマンとして有名。スーツは、通っていたパリの学校の卒業制作として作ったのが最初で、その後も改良を加えながら6つのスーツをこしらえたといい、それらのスーツは様々なCMやTV番組、ジム・キャリーの映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」などで使用された。2008年からローラーマンとして100キロ近い速度で滑降中。日本公開の直前にはイベント出席のため来日し、パフォーマンスを披露した。


音楽

■ロック・チェン(阿鲲/Roc Chen):サントラ

ロック・チェン/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

中国の著名な青年作曲家で、『ダークナイト・ライジング』や『カンフー・パンダ』などを手掛けた著名な作曲家ハンス・ジマーやスコット・スモーリーに師事。
数多くのテレビ、CM、ゲーム、映画音楽を手掛けており、特にゲーム音楽に関しては200以上のプロジェクトを担当した実績を持つ。
近年では、ジャッキー・チェン製作の映画『楊家女将伝 ~女ドラゴンと怒りの未亡人軍団』の音楽も手掛けた。


■ネイサン・ウォン(王宗賢/Nathan Wang):音楽

■Milton Nelson:編曲

■ワン・リーホン(王力宏/Wang LeeHom):主題歌

ワン・リーホン/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

ジャッキーとも大の仲良しな台湾の歌手。俳優としてはジャッキーの『ラスト・ソルジャー』などに出演。


■ジャッキー・チェン(成龍/Jackie Chan):予告編主題歌「妙手空空」

■エミール・チョウ(周華健/Emil Chow):予告編主題歌「妙手空空」

エミール・チョウ/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

香港出身の歌手で、1996年には、ビルボード誌の「1995年度チャイニーズ・ポップスNo1シンガーソングライター賞」を受賞。たまに映画出演することもあり、ジャッキーとは『ゴージャス』をはじめ、数作品で共演している。音楽でのジャッキーとの関わりは、映画『新ポリス・ストーリー』予告編主題歌「真心英雄」ほか数曲で合唱しているほか、『フー・アム・アイ』の北京語版主題歌を担当するなど関わりが深い。デュエットは2008年の『少年強』以来4年ぶり。


■チャン・チェンユエ(張震嶽/Chang Chen-yue):予告編主題歌「妙手空空」

チャン・チェンユエ/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

台湾アミ族のロック歌手。1993年デビューよりCDを多数リリース。台湾・香港をはじめ、中国語圏でヒット。映画出演も果たした。代表曲は「愛我別走」「自由」をはじめ多数。(wikipediaより


■ジェイシー・チャン(房祖名/Jaycee Chan):エンディング曲「I Don’t Want No Trouble」

ジェイシー・チャン/『ライジング・ドラゴン』スタッフ紹介

ご存知ジャッキーの愛息ジェイシー。歌手・俳優として活躍するジェイシーがエンディング曲を作曲したとか。
「親の七光りだ」とバッシングされることを恐れ、これまでジャッキーとは微妙な距離を保ってきたジェイシーは、は過去にも、ジャッキー作品に楽曲を提供してほしいと依頼されたことがあったが、拒否し続けてきたという。しかし今作は、ジャッキーにとって出演101本目とされる記念作。さらに、同作をもって体を張ったアクションは卒業すると位置付けているため、親孝行のつもりで引き受けたそうです。


ジャッキー・チェン『ライジング・ドラゴン』TOPページ

カテゴリ: ライジング・ドラゴン.

タグ:, , , , , .


0 件のコメント

(この記事のコメントの RSS を購読する



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス

人気記事ランキング【今月の人気記事】