Skip to content

History of 倉田保昭【第5章】ドラゴン対香港カラテ軍団


倉田保昭 大全【MENU】

History of 倉田保昭【第5章】ドラゴン対香港カラテ軍団


日本が誇る和製ドラゴン倉田保昭氏の、生誕から現在に至る60余年の軌跡。

日本でも一躍スターとなり、人気ドラマ『Gメン’75』のレギュラーとして長期に渡り出演。その間も国内外の作品に、引っ張りだこの約4年間のドラゴンSTORYです。

Gメン’75

1975年 29歳:Gメン’75 草野刑事

昨年11月からレギュラー出演しているTVシリーズ『バーディー大作戦』が5月で終了。

しかし、その後番組である『Gメン’75』にも、草野刑事役で連続レギュラー出演が決まった。

最終的に1979年4月の第202話まで約4年間もの間、レギュラー出演を続けることとなる。

『Gメン'75』草野刑事(倉田保昭)

『Gメン'75』

また、『Gメン’75』に出演しながらも、精力的に東映のテレビドラマや映画にも出演した。

『Gメン’75』開始直後には、『水戸黄門 第6部』、8月には『刑事くん』などのテレビシリーズに単発でゲスト出演。

映画では、「女必殺拳」シリーズ第3弾『帰ってきた 女必殺拳』志穂美悦子と再共演。

『帰ってきた 女必殺拳』倉田保昭と志穂美悦子 『帰ってきた 女必殺拳』志穂美悦子 『帰ってきた 女必殺拳』倉田保昭と志穂美悦子 『帰ってきた 女必殺拳』倉田保昭

さらに、再び東映から千葉真一出演映画のオファーが。

今回、千葉真一は助演で、同じく志穂美悦子主演の『必殺女拳士』。しかし、結局ここでも千葉真一との共演シーンはなく、一度も顔を合わせることなく撮影を終える。

『必殺女拳士』志穂美悦子 『必殺女拳士』倉田保昭 『必殺女拳士』倉田保昭 『必殺女拳士』志穂美悦子

しばらく香港や台湾などの海外作品への出演は無かったが、『Gメン’75』が半年遅れで、『猛龍特警隊』として香港で放送され大人気に。常に30%近い視聴率を叩き出していた。

『Gメン'75』猛龍特警隊

1976年 30歳:アクションクラブ設立

76年は、日本初主演映画となる『武闘拳 猛虎激殺!』に出演。

当初は千葉真一が主演として予定されていたが、動物相手のショー映画に出るのは嫌だと拒否したため、倉田氏に主演が回ってきたという経緯はあるものの、晴れて日本映画デビューを飾った。

『武闘拳 猛虎激殺!』  『武闘拳 猛虎激殺!』

『武闘拳 猛虎激殺!』

またこの年、国際的に活躍できるアクションスターを育成する為に「クラタ アクションクラブ」を設立している。

国内外で大活躍

1977年 31歳:Gメン’75 香港-マカオロケ開始

3月に72年の『方世玉(邦題:武道大連合 復讐のドラゴン)』の続編にあたる、『ドラゴン少林拳(旋風方世玉)』が香港で公開されるが、前作の出演シーンが挿入され、クレジットもされたが新規の撮影は無かった。

しかし、同作品の姉妹編である『少林寺必殺舞扇拳/少林寺マスター(方世玉大破梅花樁)』には出演。

台湾ロケで再び孟飛(メン・フェイ)と共演。アクション監督である劉家良(ラウ・カーリョン)のもと、数十本の丸太の上での危険な撮影をこなした。

倉田保昭『少林寺必殺舞扇拳/少林寺マスター(方世玉大破梅花樁)』

4月末には、その『方世玉大破梅花樁』公開に合わせて香港へ。

同時に、『Gメン’75』の海外ロケシリーズ、「香港空手シリーズ」2話分のロケをマカオで12日間行い、日本へと戻った。

今回が初めてとなった「香港空手シリーズ」は、その後本編の視聴率が落ちてくるとカンフル剤として製作されるほどの人気を博し、企画段階からロケハンや出演者とのギャラ交渉なども倉田氏が兼任しつつの出演だった。

9月には、2度目となる『Gメン’75』香港ロケが行われ、白豹や宿敵として楊斯(ヤン・スエ)がキャスティングされるなど徐々にアクション色が濃くなっていく。

この後も、宿敵・楊斯を始め、韓英傑(ハン・インチェ)、何宗道(ホー・チョンドー)、梁小龍(ブルース・リャン)、陳觀泰(チェン・カンタイ)、陳惠敏(チャーリー・チャン)など香港スターが多数出演。倉田氏が『Gメン’75』を降板後も、続けて何度も製作されることとなった。

『Gメン'75』「香港空手シリーズ」

『Gメン'75』倉田保昭とヤン・スエ

『Gメン'75』「香港空手シリーズ」 『Gメン'75』「香港空手シリーズ」

2話分の香港ロケを終え、再び日本へと帰国するが、翌10月には再び『Gメン’75』の撮影の合間を縫って、インドネシアへ。

そこで、陳惠敏(チャーリー・チャン)らとともに、『猛男』を撮影した。

陳惠敏(チャーリー・チャン)『猛男』 倉田保昭『猛男』 倉田保昭と陳惠敏(チャーリー・チャン)『猛男』

この年、ほかには、せんだみつお主演の映画、実写版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に、『Gメン’75』のメンバーで特別出演もしている。

倉田保昭『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

77年1月の記事で、李作楠が台北で第一公司の上官靈鳳(シャンカン・リンホー)、倉田保昭、王道、譚道良(タン・トゥリャン)、チャック・ノリスらが出演の作品を撮影していると書かれた(と思う)ものがあります。(下資料参照。)しかし、今のところそれに該当するような作品が見当たりません。倉田&ノリスの幻の共演作だったのかもしれませんね。

倉田氏の『香港アクションスター交友録』には、この『方世玉大破梅花樁』の時に、日本でのGメンの撮影の為、撮影予定が入っているのにも関わらず、嘘をついて日本に帰国してしまい、大騒ぎに。台湾マフィアから抹殺計画が出され、2年間台湾へは入れなくなったが、香港マフィアの仲介で事なきを得たというようなことが書かれています。

  • ドラゴン少林拳(旋風方世玉)

    1977年-香港・フィリピン-映画
    ドラゴン少林拳(旋風方世玉)
    監督:歐陽俊(蔡揚名)
    共演:孟飛(メン・フェイ)、譚道良(タン・トゥリャン)、龍君兒

  • 少林寺必殺舞扇拳/少林寺マスター(方世玉大破梅花樁)

    1977年-香港・フィリピン-映画
    少林寺必殺舞扇拳/少林寺マスター(方世玉大破梅花樁)
    監督:歐陽俊
    共演:孟飛(メン・フェイ)、譚道良(タン・トゥリャン)

  • 猛男

    1977年-インドネシア-映画
    猛男
    監督:F. Sutrisno、他
    共演:陳惠敏(チャーリー・チャン)、George Rudy(ジョージ・ルディ)

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所

    1977年-日本-映画
    こちら葛飾区亀有公園前派出所
    監督:山口和彦
    共演:せんだみつお、草川祐馬、浜田光夫

  • 参考資料
    香港工商日報, 1977-01-13
    今、李作楠が撮影、台北で第一公司の上官靈鳳(シャンカン・リンホー)、倉田、王道、タントゥリャン、チャック・ノリスなど。⇒見当たらない。精武門續集は既に撮影済み

  • 参考資料
    華僑日報, 1977-04-28
    洲威影業『方世玉大破梅花樁』の写真と記事、Gメンの香港ロケ、『方世玉大破梅花樁』のプレミア参加、すぐに日本へ戻る

  • 参考資料
    香港工商日報, 1977-04-29
    『方世玉大破梅花樁』拍完。台湾から日本へ。

  • 参考資料
    華僑日報, 1977-09-15
    Gメンの香港ロケ、来月インドネシアで文華・郭南宏導演

1978年 32歳:超新星・成龍(ジャッキー・チェン)!

『Gメン’75』の正月休みを利用して、李作楠監督による第一影業作品『撈家撈女撈上撈(黑色家變)』の撮影に5日間だけ参加。

再び、何宗道(ホー・チョンドー)と共演するも限られた日数の中での特別出演ということで、出番は少なかった。

『撈家撈女撈上撈(黑色家變)』何宗道(ホー・チョンドー)  『撈家撈女撈上撈(黑色家變)』何宗道(ホー・チョンドー)  『撈家撈女撈上撈(黑色家變)』倉田保昭

春には、久しぶりのショウ・ブラザース作品『少林寺VS忍者(中華丈夫)』に出演。

劉家良(ラウ・カーリョン)監督のもと、劉家輝(リュー・チャーフィー)と共演し、カニ拳を披露。水野結花など日本での弟子たちも連れ立っての出演となった。

この作品は年末に香港で公開され、78年度の興行収入15位にランクインするヒットを記録。83年には再び香港でリバイバル上映されたほか、東南アジア諸国でも大ヒットする。

また、この作品で、その後の海外での忍者映画ブームの火付け役ともなった。

『少林寺VS忍者(中華丈夫)』倉田保昭 『少林寺VS忍者(中華丈夫)』水野結花 『少林寺VS忍者(中華丈夫)』劉家輝(リュー・チャーフィー) 『少林寺VS忍者(中華丈夫)』倉田保昭、劉家輝(リュー・チャーフィー) 『少林寺VS忍者(中華丈夫)』倉田保昭 『少林寺VS忍者(中華丈夫)』倉田保昭

この年は、ヒットメーカーであり、この頃には新人発掘の名プロデューサーとしても有名になった呉思遠(ウー・シーユェン)によって、『蛇形刁手(邦題:スネーキーモンキー 蛇拳)』、『醉拳(邦題:ドランク・モンキー 酔拳)』がメガヒット。長い下積みを経て、成龍(ジャッキー・チェン)が一躍トップスターへと躍り出た年でもある。

これにより、ブルース・リーの死去によって長らく低迷していた香港アクション映画界が、再び光を取り戻すこととなった。

『蛇形刁手(邦題:スネーキーモンキー 蛇拳)』、『醉拳(邦題:ドランク・モンキー 酔拳)』

9月には、『Gメン’75』香港空手シリーズで、3度目の香港ロケを敢行。楊斯(ヤン・スエ)米雪(ミシェール・イム)が参加。また、このロケから本格的なアクション編となる。

『Gメン'75』香港空手シリーズ 倉田保昭 『Gメン'75』香港空手シリーズ 楊斯(ヤン・スエ) 『Gメン'75』香港空手シリーズ 米雪(ミシェール・イム)

この時、撮影の合間を縫って、『醉拳(邦題:ドランク・モンキー 酔拳)』撮影中の袁和平(ユエン・ウーピン)と話題の新星・成龍(ジャッキー・チェン)に会いに行く。

そこで成龍と対面した倉田氏は、成龍の愚痴を聞きながら、激励の言葉をかけたという。

そして30日には楊斯(ヤン・スエ)が来日し、倉田氏とともにドリフターズの「8時だヨ!全員集合」に出演している。

この頃の新聞で、なにやら倉田氏とショウ・ブラザースが契約問題で揉めているようなことが書かれていました。

金額は8万HK$(約320万円)とも6万HK$(約240万円)とも書かれています。じっくり訳していないので微妙ですが、もしかしたら先述した『香港アクションスター交友録』での、台湾撮影中から勝手に帰っちゃった事件はこの時なのでは?と思っています。 この書籍での『中華丈夫(邦題:少林寺VS忍者)』と『方世玉大破梅花樁(邦題:少林寺必殺舞扇拳/少林寺マスター)』の順番も逆でしたしね。。。

『Gメン’75』降板

1979年 33歳:さよなら草野刑事

1月、奥さんとともに香港へ。ショウ・ブラザースや思遠、劉家良らとの作品や、自身の企画による作品の準備を進めた。

2月、『Gメン’75』で倉田氏が登場する最終話、香港空手シリーズ第4弾「Gメン対香港カラテ軍団」のロケで香港に。

すでに恒例となった楊斯(ヤン・スエ)との共演のほか、水野結花も出演し、4月放送分で約4年におよぶレギュラー出演に終わりを告げる。

Gメン対香港カラテ軍団  Gメン対香港カラテ軍団  Gメン対香港カラテ軍団  『Gメン'75』

この頃から自身の企画や製作による作品作りを手掛けるようになっていく。

まず、『Gメン’75』を終え、すぐに取り掛かったのは自身の企画による『倉田保昭の「カンフー大作戦」(懲罰)』

協利電影とドミニカのプロダクションの共同製作で、約2か月間のドミニカロケに参加。潘健君(トニー・プーン)、鹿村泰祥、李邦臣(山下タダシ)らと共演した。

『懲罰(邦題:倉田保昭の「カンフー大作戦」)』 『懲罰(邦題:倉田保昭の「カンフー大作戦」)』 『懲罰(邦題:倉田保昭の「カンフー大作戦」)』 『懲罰(邦題:倉田保昭の「カンフー大作戦」)』

『Gメン’75』の降板は、続投を望む周囲の声を押し切って倉田氏が決めたことのようですね。
何かのインタビューで、軽くそのことについて触れ、その後しばらく干されてしまった。というようなことを仰っていました。
実際、それまで日本では「東映」関連の仕事ばかりでしたが、これ以降は「東宝」など、他会社の仕事をこなすようになってます。

日本での仕事は単発でのゲスト出演が多くなり、ジャッキー・チェンの出現で再びカンフーブームに沸く香港や台湾での仕事も少ない時期です。やはり、前述した台湾での撮影放棄事件が尾を引いていたのでしょうか。。。

倉田保昭 大全【MENU】

カテゴリ: スター名鑑.


0 件のコメント

(この記事のコメントの RSS を購読する



一部のHTMLが使用できます

*

または、トラックバック.

サイト内検索

注目記事PICKUP

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

【2014年版】ジャッキー・チェンDVD&ブルーレイ大全集

製作期間1カ月の成果を是非ご覧あれ!!

注目記事PICKUP

デアゴスティーニ・ジャッキーチェンDVDコレクション発売!当サイトも連載させて頂くことになりました☆

ジャッキーチェンDVDコレクション☆祝全国発売☆JC伝記連載中!

情報解禁!あのデアゴスティーニからついに発売☆私も連載させてもらってます!!

注目記事PICKUP

中華電影 時代設定年表

中華電影 時代設定年表

ついに完成!中華電影300本の時代背景と中国の歴史が丸分かり?

注目記事PICKUP

ジャッキー生誕60周年おめでとう!

【祝】ジャッキーの生誕60周年

記念画像を2枚作成しました♪

Kungfutube QRコード

ケータイからのアクセス

コチラを読み取って携帯からアクセス